アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

成功する事業のパターンを考えること②

前回からの続きです。

 

事業承継での後継者の三大不安は
1、ヒトの問題
2、カネの問題
3、事業の問題
です。

3の事業の問題は、事業承継する中小企業が
これまで上手くいっていたビジネスモデルが
今後通用しないと思えることです。

私はいつも言ってますが、
事業承継する会社はいい会社です。
厳しい競争を勝ち抜いた成功している会社です。

ただし、これまでの成功法則が
今後は通用しないことも事実です。

つまり、事業承継するということは
長期的に見て、次の事業展開を
計画する機会でもあります。

砕けた言い方をすれば
次の飯のタネを
後継者が3年後を見据えて
自分で作ることが重要です。

ですから、上記のAさんには

同じように説明し、
後継者が自分が社長になったら
成功する事業のパターンを考えることが
重要であると伝えました。

その際に、重要なことは
今の事業との関連性で
どんな方向で考えるかです。

大きく分けて2つ

ひとつは、今のお客様に新しい商品を売るのか
もうひとつは、今の商品を改良して違うお客さんに売るのか

さて、どちらにするかをシミレーションしてみる
そんな、夏休みの宿題が後継者には
あるんです。

学校と違うので、宿題の提出期限は
自分で決める事だけです。

今日もいい1日を

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動