アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

【第77回】ポッドキャストが配信されました!

【第77回】ポッドキャストが配信されました!
< ご尊父の店舗はなくなっても、屋号は引き継ぐ。決意の2代目テーラー澁川社長【後編】>
店を継ぐと決めたとたんにご尊父が店舗を閉店してしまい、途方に暮れる澁川社長。
でも、そこから「やると決めたらやる」と決意し、ご尊父の屋号だけを引き継いでオーダースーツの店を自分で始めます。
そこで、多くの苦労をされながらも、最終的にはご尊父の協力のもと、お店を繁盛させています。
その秘訣をお話しいただけました。
ぜひお聞きください。


 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「悩みから成長へ」①

 

事業承継の悩みと言うのは、緊急性のものではありません。

例外的に現経営者が急にお亡くなりなった場合がありますが、

基本的に現経営者から後継者へのバトンタッチですので、

今すぐ困っているわけではありません。

ですから、ついつい先延ばしにしてしまいます。

特に現経営者がお元気なので、「まだまだ先の話」となります。

準備を怠るわけです。

原始時代に例えるなら、おなかが減ってから、

槍や弓矢を準備するようなものです。

獲物を捕まえるために、かなりの時間を要しますし、

その間お腹はすきっぱなしで、つらいです。

原始時代でもお腹が減る前に、槍や弓矢は用意していたでしょうし、

罠を仕掛けて、獲物を捕る事もやっていたでしょう。
経営者と後継者が準備していないとなると、事業承継は大変です。

私が一番最初に事業承継でする事は

「会社」と「個人」を明確に分けることです。

 

朝晩急に冷えてきました。

日中日が差すと暑く感じることもありますので

気温差で体調を崩さない様に皆さん気をつけてください。

 
btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

たかがたばこ1本、されど1本。②

月曜からの続きです。
前回は改善したい事に対して、一番簡単な方法を提案する、
さすがはプロの仕事です、とお伝えしました。

後継者の皆さんはいかがでしょうか。

改善したいことはたくさんあると思いますが、
それを実現するために一番分かりやすく方法を提供しているでしょうか。

例えば、
ある運送会社の後継者が配送効率を高めたいと考えていました。

そのために各ドライバーに効率的な配送を意識するように言いましたが、
あまり成果が上がりませんでした。

そこで、「1日、たばこ1本吸う時間を減らして、配送しよう」と

提案したのです。

最初はなかなか浸透しなかったのですが、
後継者が配送効率の重要性とたばこ1本の削減を丁寧に説明することで、
徐々にドライバーが賛同しました。

最終的には配送効率が向上し、残業が少なくなり、利益を出せるようになりました。

たかがたばこ1本、されど1本。

皆さんの会社にも、ちょっとしたことの変化で、目指す改善ができます。

よい週末をお過ごしください。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第76回】ポッドキャストが配信されました!

【第76回】ポッドキャストが配信されました!
<スーツなんて絶対嫌だと思っていたのに、やっぱりテーラーとなった澁川社長の物語【前編】>
株式会社CANAL代表取締役の澁川慶成氏のインタビュー前編です。
ご尊父が銀座で老舗のオーダースーツ販売をされていましたが、幼少時の澁川社長は「かっこ悪いから」違う仕事につきます。
しかし、勤めた先でやっぱり自分にはテーラーのDNAがあることに気づき、店を継ごうと決意しますが、ご尊父からの答えは「ダメ」でした。
継ぎたいけど継げないーそんな後継者の心情をお話しいただけました。
ぜひお聞き下さい。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

たかがたばこ1本、されど1本。①

こんにちは、事業「勝」継と後継者育成のコンサルタント、
アシスト2代目の高橋秀仁です。

だいぶ気温が低くなってきました。私は11月生まれのせいか、寒さには強いほうで、
食べ物が美味しくなるのが嬉しいです。

さて本日は私の友人の歯科医が教えてくたことから。

椅子にだらしなく座るのは、体に良くない。食事をするときに、
背中が曲がり、首がしまった姿勢では、食べ物が噛みにくいため、
消化に良くなく、体に悪い。

それを改善するには姿勢を良くしてご飯を食べください。

と教えてくれました。小学校でも教えられるような、基本的なことです。

そして、姿勢を良くするために

「背筋を伸ばして」

と、言われます。

私も幼少のこと祖父母に背筋を伸ばして食事するように躾けられました。

ただ、背筋を伸ばすことに意識を向けて食事するのは長続きしない。
いつのまにか、猫背になってしまいます。

そこで、その歯科医は

「背筋を伸ばすために、足を引いて、膝の真下に来るようにおいてください」

と教えてくれます。

皆さんも、やってみると分かりますが、
足先を延ばして体の前方にあると、
背もたれに体重がかかり、背筋がまっすぐになりません。

そころが、足先をひざ下にくるように引くと、
自然と重心が前のめりになり、背筋が伸びます。

背筋を伸ばすことを意識し続けるより、
足を引くことを意識するほうがやりやすい。

改善したい事に対して、一番簡単な方法を提案する、
さすがはプロの仕事です。

この続きは金曜日に。

今週も張り切っていきましょう!

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「できること」と「できないここと」を見極めること②

月曜からの続きです。

 

後継者は自分なりに頑張っているのですが、現経営者から見るとまだまだです。

私はいつも言っていますが、

これは当たり前です。ベテラン経営者から新人経営者に変わったのですから、

最初はできないことに目がいきます。

「できること」と「できないここと」を見極めることは重要です。

その時、後継者は「できたこと」を確認する。そして、「できなかったこと」を

今後、達成するために「何をするか」を自問自答します。

後継社長が経営力を伸ばすためにすることは、これしかありません。

できることを増やし、できないことを克服する。

克服できなければ、社内の有能な人財で補う。

後継者は人の力を使うことも大切な能力です。

現経営者から「まだまだ」と言われても、気にしない。

なぜなら、親にとって、子供はいくつになっても、心配なものですから。

後継者はその言葉に反発するのではなく、自分で自分を分析して、足らない部分を

どのようにするべきかを先代経営者からアドバイスしてもらいましょう。

そう、使えるものは何でも使う。これが後継者の経営力です。

では、今日はここまで。

よい週末をお過ごしください。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第75回】ポッドキャストが配信されました!

【第75回】ポッドキャストが配信されました!
< 事業承継の中小企業マーケティング 高付加価値化について>
中小企業のマーケティングでは、自社の製品商品の価値を常に高めることが重要です。
そのために、どんな価値を高めるとよいのでしょうか。
品質や品質以外について解説しています。
ぜひお聞き下さい。

9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~ ☜こちらからご紹介ページに移ります

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「できること」と「できないここと」を見極めること①

10月に入り、すこし肌寒くなってきましたね。

寝るときに何を着るか迷ってしまいます。

私はまだ、半そでTシャツと短パンの夏仕様です(笑)

夏からスタイルを変えられず、ズルズルしています。

先日、ある医療品販売企業の後継者G氏にお会いしたときに、こんなことを
話されました。

「先代の親父には、『まだまだ、遊んでおって仕事になってない』と言われました」

と。G氏は事業承継して3年目。先代から引き継いだ会社を順調に経営し、

黒字を維持し、堅実経営しています。けっして、手を抜いて、遊んでいるわけでは

ありません。

しかし、先代から見ると「もっと、やれる!」とか「あれができてない」と

見えるのでしょう。

また、ついつい息子には厳しくいってしまうものです。

事業承継前後で現経営者と後継者の認識で最も違うのもこの部分です。

この続きは金曜日に。

今週も頑張りましょう。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

社員が思うように動いてくれないときは②

月曜からの続きです。

今回の場合は第2段階だったので、
その社員が社長の言うことで、将来のデメリットを
詳しく聞いてあげることが最優先です。

例えば、

それをすることで忙しくなるとか
目標を達成したらノルマが上がるとか
自分が大切だと思っている仕事から離れるとか
朝の出社が早まったり、帰りが遅くなったり。
社内の雰囲気が変わる(ような気がする)

上司から見るとちょっとしたことでも
当事者にとっては重要です。

コンサルティング先では私も個人面談に
同席するときもあるのですが、
一番驚いたことが、忙しくなったら
今の席から変わるから。
という理由がありました。
その社員さんは今の机の配置で
自分の位置が最も好きだったからです。

このように書いても、納得できない読者ばかりと
私も分かっていますが、実際の話です。
私もさすがに共感はできなかったのですが、
席が変わったらいやだということは理解したので、
席替えはしないことを約束しました。
そうすると、その社員は上司の指示で動き、
期待以上の成果を出しました。

誰でも、他人から見れば他愛もないことでも
本人とっては真剣な問題ってありますよね。

後継社長はそこに一つ一つ丁寧に対応する
これが社内から信頼をつかむことになります。

いい休日をお過ごしください。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

第74回ポッドキャストが配信されました!

<ヒカリ紙工株式会社 代表取締役社長 坂下正和氏【解説編】>
坂下社長のインタビューの聴きどころを解説しています。
1、突然社長になって困ったこと
2、社長となってトップダウン経営から変更しようとして苦労されたこと
3、社員を動かすために心理学を学んだこと
特に3の社員を動かすために心理学の知識を学び、自分の心と向き合うことで、
社員を動かすことができる社長となったことについては、とても気付きになる内容でした。
ぜひお聞き下さい。

 

9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~ ☜こちらからご紹介ページに移ります
btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動