アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

事業承継コーチ(仮)養成講座開催決定

みなさん、こんにちは

このたび私の事業承継ノウハウを体系化したものを「事業承継コーチ」として皆さんに活用いただけるようにパッケージ化しました。

事業承継で悩んでいる経営者や後継者に直接お伝えするだけでなく、それを支える専門家の皆さんに事業「勝」継理論を学んでいただき、中小企業の事業承継をサポートいただければと思います。

日本経済を支える中小企業を長く班得させるためには、オーナー企業ならでは事業承継の方法を知っていただき、メンタル面も含めた総合支援が必要です。

その体験セミナーと説明会を開催しますので、ぜひご参加&ご紹介よろしくお願いいたします。まずはこちらをご覧ください

http://urx.blue/Q4yK

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「事業承継で最初に求めること」②

前回からの続きです。

A氏は引き継いだ会社をなんとか
盛り立てようと頑張っています。

その頑張り方や表現方法が
正しい方法でないのです。

後継者や後継社長は
どうしても、業績などの目に見える成果を
アピールしたくなるものです。

なぜなら、経験が少ないので
自分自身を社長と認めるために
業績という分かりやすい物差しを必要とします。

確かに業績は大切です。
従業員からすれば、新社長が「稼ぐ力」が
あることで安心します。

でも、業績さえよければいい社長でもありません。

事業承継で最初に求めることは
先代社長の築いた、信頼や人材、ビジネスモデルを
一旦はそのまま維持できるように自分の経営力を
高めることです。

つまり、今の社長と同じことができることが
事業承継でまずは目指すべき最初のステージです。

だから、後継者にとって一つの目安が、
社員やスタッフが同じように動けるか
ということです。

社員やスタッフが能力を同じように発揮したなら
現経営者と同じような結果になります。

後継者や後継社長でやってはいけないのが、
それまでのやり方をいきなり大きく変えてしまうことです。

違うやり方をすれば、結果が変わってくるのですが、
経営の浅いうちはどうしても失敗してしまいます。

後継者・後継社長にとって
会社としての継続を重視してください。

そして、A氏の真の課題は
次回に書きます。

では、よい週末を。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動