アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

「経営者としての考え方やノウハウをしっかり引き継ぐ」②

前回からの続きです。

 

基本的に中小企業の経営は人間的な感情に
左右されることが多いのです。

 

もちろん、経営者として損得勘定はあるものの、
未来に向けた、長期的な判断をする場合
現状で不満な部分は変更することになります。

 

だから、会社と言え、
急に考え方や方針を変えると、
周囲から信頼を失うのです。

 

ですから、社長が交代しても
法人としての、経営的な継続性が重要です。

 

そのために、
現経営者は会社を経営するにあたり
大切な考え方や行動を後継者に伝えなければなりません。

 

それも文章にして、伝えます。
7から10個にまとめて、
分かりやすい言葉で
伝えましょう。

 

昔の家訓のようなイメージが最適です。

 

そうやって、文章に残すことで
確実に相手に伝わることが
可能となります。

 

後継者にとっては
それを聞き出すことが
事業承継をスムーズにいかせる
ポイントになります。

まずは、聞き出してはいかがでしょうか。

 

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動