アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

「自分で決断することが後継者が経営者になる第一歩②」

前回からの続きです。

 

事業承継という側面では、こんなときに
後継者の後ろに責任者はいないと思えるかが重要です。
サラリーマンであれば、上司が言ったから、
仕事は延期と言えますが、経営者や後継者などの
最終責任者がそのいいわけはできません。
だから、自分で決断することが後継者が
経営者になる第一歩です。

 

私はこんな時、いつも思うのは
阪神淡路大震災です。
私にとって一番辛い経験です。
地震発生後は、瓦礫だらけで、
仕事も生活もままなりません。
本当につらい時期でした。
会社の社長の父はもっと辛かったと思います。
そこから比較し、それ以上のことは
我が社にはないと思っています。

 

再度、書きますが、この状況では
絶対的な正解はありません。
だからこそ、後継者・後継社長の
覚悟をもった、意味の説明できる決断を
私は応援したいと思います。

 

いろいろ大変な時期ですが、
会社を経営していれば、必ず発生するピンチです。
こんな時こそ、先代や知恵を活用してもいいと思います。
会社を長く経営していれば、ピンチを切り抜けられる
知恵があるかもしません。
それこそ、事業承継した会社の強みと言えます。
私も皆さんを心から応援しています。

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動