アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

覚悟を決めるタイミング ②

前回の続きです。

それは
「自分がこの会社の社長になる
と覚悟を決めたとき」です。

Yさんはある時、
会社の財務状況が厳しいことを知り
このままでは大変だと知らされて、
なんとか乗り切るために
出来ることは何でもやろうと
決断したそうです。

そこで、後継社長として生きる覚悟が決まりました。

覚悟が決まれば、
少々のことは、動揺しませんし
ぶれません。

Yさんは
「ジュニアと呼ばることより、
会社をよくして、成果を出して、
経営者としての責任を果たすこと。
それが出来ればいい」
と考えました。

Yさんのように、
相手の言うことに怒るのは
自分の軸ではなく、
相手に軸があるためです。

言い換えると
相手に言われることに
自分の意識がフォーカスして、
それで自分を判断しているためです。
つまり、相手次第の人生となります。

これでは、経営者としていけません。

自分自身がどのような社長になって、
どんな経営をするか、という
自分自信や自分の内面に
意識がフォーカスしなければならないのです。

私も覚悟が決まった瞬間として
父親に
「自分の人生は○○にしたい、
そのために会社を○○にするから
どうぞよろしくお願いします。」
と頭を下げたことがあります。

そこから、
現実は少しづつの変化ですが、
内側では大きく変わりました。

覚悟が決まることは
とても重要です。

そのタイミングは
あるときに突然来るかもしれません。
その時に、決断しましょう。
そして、普段から自分が社長として
考えて、振る舞えているかを
確認して下さい。

身近に社長の手本があるので、
後継者の皆さんには、良い社長のDNAが
必ずあるので、頑張って行きましょう

では、また来週!

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動