アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

チャレンジは、社員と一緒に少しずつ ①

「在庫管理に手間取って、
送れてしまいました。」

ある卸売り業の後継者Aさんとの
面談の時です。

出発間際に後継者Aさんと
社長(実父)Bさんが在庫について
いろいろ話したものの、
話がかみ合わず、時間を要しました。

Aさんの会社は老舗の食品卸売りで
在庫の管理が煩雑です。

ただし、Aさんは私とのコンサル中で
在庫金額を適正化し、キャッシュを増やす
重要性を分かったので、
いろいろ実行していました。

そこで、Aさんは在庫改善のために
社内の状況を調べ、
在庫改善に取り組んでいました。

社長のBさんも、売上に影響されないのであれば、
在庫管理は重要なのでAさんにある程度任せていました。

私も小売業時代にやってましたが、
この在庫管理は地味なうえに、
成果が見えづらい仕事で、大変です。

重要なことは、
在庫をリアルタイムに把握することであり、
そのために、在庫の増減を
スタッフがまめに入力することです。

どんなシステムであっても、
正しい数値が入力されないことには
現物が把握できません。

Aさんはシステム化とそれを実行するための
現場での教育を進めていました。

このシステムや取り組みは素晴らしいのですが、
現場からは反対も多かったのです。
特にベテラン社員は、仕事の仕方が変わるので
なかなか入力してくれない。

そんな時にベテラン社員がB社長に直訴にし、
冒頭のようなAさんとの話し合いになりました。

では、また来週!

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動