アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

「親族外の事業承継②」

前回からの続きです。

 

次に、「前社長の息子・娘と自社株の取り決め」

 

新社長に一部自社株を持たせることが良いのですが、
その新社長もいつかは退職します。
そのときにその株をどのようにするかを取り決めておきます。

 

「誰に」「いくら」で売るかを書面で残します。

 

「誰に」では、親族の○○さんとか、会社とか、
現時点での候補を第1位から第5位ぐらいまで記します。
「いくら」では、株価の計算方式です。
通常の計算方式でも良いですし、
そこから○○%上乗せとか(退職金代わりに)

 

これらは、新社長が自分では決めにくいものです。
そして、先代の息子さんや娘さんともめないために
冷静に話し合うことが何より重要です。
特にお金のことなので、敏感になる方もいます。
ちょっとしたことで、揉めてしまうと、
会社の経営の足を引っ張ることにもなりえます。
事前にリスクを回避しましょう。

 

事業承継の方法を多様になってきています。
それを支えるコンサルタントも多様になってきていると
感じています。

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!