アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

資金調達、コスト削減、助成金・・・出来ることは全て

今回は、以前からもお話ししている資金調達について。

まず、一番身近な日本政策金融公庫のコロナ融資。
申し込みが殺到しており、申し込んでも、
窓口に相談するまでに、2から3週間かかります。
さらに、審査から入金まで1月から2月後です。

このスケジュールで、大丈夫な方は窓口に行ってください。
特に初めての方は、借り入れする経験が重要です。

このスケジュールが厳しい方は
オンラインまたは電話で申し込めます。
書類を取り寄せて、オンラインまたは郵送で申し込みます。
私の友人の経営者でも、郵送で申し込み融資を得た人もいます。

ただし、これは書類が書ける自信のある人にお勧め。
すでに日本政策金融公庫と取引があったり、
他の金融機関で借り入れした実績のある方向けてです。

初めての方は、書類が届いても、どう書いて良いか分からず、
とりあえず書いて出したら、訂正と修正を繰り返して、
作業が余分に増えるからです。

どちらがいいか、よく考えてください。

次に、セイフティーネット4号5号の融資。
5月からはこちらの方が、円滑なようです。
民間の金融機関での融資なので、すでに取引のある
金融機関に相談するとよいでしょう。

後継者が初めてであっても、
まずは金融機関に問い合わせからやりましょう。
前向きに応対してもらえるという、報告が多いので、
安心して、取り組んでください。

次に、コスト削減について。

複数の弁護士や専門家から話を聞いた内容です。

資金が厳しい場合に、支出を押さえるために、
最初は、借入金の返済を猶予することを
金融機関と相談してください。

「返済を猶予してくれませんか」と
殿様に泣きつくようにしなくても、
「資金が厳しいので、返済猶予の期間を相談さて欲しい」
と、落ち着いて相談しましょう。

金融庁の方針もあり、半年前後の支払いの猶予は
認める方向になっています。
また、それによって、金利が高まったり、
企業のスコアが悪化することはないようです。

利息の支払いまでは、とめられないですが、元金だけでも
支払いを延ばせると少し余裕がでます。

では、続きは次回に。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!