アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

技術も経験もある人材を使いこなしてこそ後継社長 ①

今年も残り1ヶ月です。
カレンダーの都合で12月24日で
仕事納めの方のいると思います。
弊社も基本的に24日終了。
(私は28日まで仕事です)

今年は忘年会が難しいので、
せめて、クリスマスに
ランチをテイクアウトして、
スタッフへ1年のねぎらいをします。
「システムなんかで無理です。
手作業でないとできませんよ。」

卸売業A社の事業承継で、
ベテラン部長がこう言いました。

A社は地域に根付いた販売方法で、
即日納入できることを強みに、
建設現場や工場、大型小売店などに
多くの商品を卸売りしています。

電話があってから、スピード納入が命ですので、
その場でいちいち伝票など書きません。
担当者も会社に電話で連絡し、在庫を確認して、
自分で配送に行きます。

納入伝票や請求書は相手先の書類をそのまま使っているので、
取引先ごとに膨大な書類があります。
営業担当が本社内の事務に○○会社用の伝票で
作成指示をするので、ミスややり直しも多いのです。

これを後継者Bさんがなんとか改善しようとします。

もともと、大手アパレル会社のITシステムを担当していたので、
自分でプログラムはできなくても、
使える技術やソフト、それに見合うコストはおおよそ把握しています。

そこで、社内の効率化のために
営業や経理の担当部長と話すと
上記のように、全否定されました。

では、続きはまた来週!

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!