アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

誰かのせいにしていた後継者時代

今年の桜も終わってしまいましたね。

例年より早く咲いたわりには

長く楽しめたように思います。

策の季節にもいろいろ思い出があります。
いい思い出も悪い思い出も。

仕事もプライベートも。
先日ふと思い出したのは飲食店をしていたころに

花見弁当を売ったことがあります。

店の近くに桜の名所・夙川があり毎年大勢の人が花見を楽しみます。

そこで、花見弁当を売ればいいのではないかと考え、店に提案すると

全員、大反対!

「店の営業しながらできない」
「食中毒の危険がある」
「人手がない」
「売れなかった恥ずかしい」
とか、いろいろ反対されながも

業績向上という名目のもと業務命令で始めました。
最終的に料理の準備以外は全て私一人がやり、場所の確保や

容器の調達、チラシ配布など全てやりました。
ツテを使って、駅の改札口外に小さい机と簡易テントで

お昼から夕方まで声を張り上げて電車から降りてくる花見客に販売するものの、

価格だったり、ボリュームだったり

様々な要因で、あまり売れませんでした。

1日30個の弁当が売りきれずに店に持ち帰ったこともあります。

そうすると、
「そら見たことか」
馬鹿にされているようで、悔しい想いをしました。

そして、

売れない現状を私は

「天気が悪かった」とか
「メニューが良くなかった」とか
「価格が高かった」とか
で言い訳し、

最後には
「従業員にやる気がないからダメだ」

と他人のせいにしていました。
かつての自分を思い出してアドバイスするとしたら

「従業員の意見をまとめる方法を身につけろ」です。
当時の私は赤字の飲食店の業績向上のため何でもやるつもりでした。

しかし、自分が発案し、行動するばかりで、

部下の意見をあまり聞いていませんでした。

いや、聞いているふりをしながら、全く信頼していませんでした。
そして、失敗の原因を誰かのせいにしたのです。

ひどいリーダーだったんでしょうね。

お恥ずかしい限りです。
しかし、そこから、リーダーシップを発揮すること

成果を出すために後継者専用の

コミュニケーション方法が必要なことを学びました。
部下の意見を聞いて成果を出すために、まとめていく。

そんな方法があります。
そして、後継者の皆さんは他人のせいにしてないでしょうか?

少し振り返ってください。
今週も頑張っていきましょう。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!