アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

危機を乗り越えてきた経験

以前面談したある製造業さんで現経営者と会長を交えて、いろいろお聞きしました。

その企業は創業80年で、現経営者は3代目です。

これまでに3度の経営危機があったそうです。
メインの取引先の倒産が2回、天災が1回です。

そのたびに辞めようかと会長は考えたそうですが、

続けられる可能性があったため、

現在も苦しい状況ながら経営しています。

事業承継をしようとする企業なら

会社存亡の危機が1~2回はあるものです。

そこを乗り越えた企業だけが何十年と生き残っています。

その反対に、生き残れなかった企業も多数あります。
その差はいったい何なんでしょうか。

ある経営者にお聞きすると

「人のご縁」や「運」

だと言う方もいるし、

別の経営者は

「粘り強さ」や「情熱」

と言います。

その答えは千差万別です。
しかし、どの答えもその経営者が

危機を乗り越えたうえでの言葉なので、正しいでしょう。
ですから、どれもその会社にとって正解なのです。
後継者が知っておかなければならいないのは

そうした、過去の出来事とそこからの教訓です。
企業経営には経験がものを言います。

それも成功する経験よりも、失敗しない経験がとても重要です。
過去の会社の危機をどのように乗り切ったかということより、

そうなる前にどんな前兆があったのかを知っておくことが大切です。
前述の企業は取引先の担当者の訪問回数が減って

「あれ」っと思っているうちに支払いサイトを長くされました。

世話になっているからと、あまり考えずに、承諾してしまったので、

取引先の倒産時にかなりの売上を回収できなかったそうです。

もし、支払いサイトを長くしていなければ被害は半分ですんだかもしれません。

今から思えば、最初の前兆の時点で、

支払いサイトを伸ばさなければよかったと反省していると

会長はおっしゃっていました。

つまり、危機に陥る前の、前兆を知っていれば、

その時点で修正と対策ができます。

後継者のメリットである、

これまでの経験を少しでも受け継ぎ

失敗を避けて成功に近づくでしょう。

季節の変わり目で気温の変化が大きいので

体調にご注意ください。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!