アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

「事業承継で最も重要なこと」②

前回からの続きです。

 

E氏は思い悩んだ時に

 

ある先輩経営者の
こんな言葉で自分のやることに
気づいたのです。

 

「経営者は自分の信じたことを
毎日言い続けることだ。
それが社員に浸透して初めて
会社が動く。
君が社員に言っていることは何ですか?」

 

E氏は
会社を引き継いで何とか継続されるために
売上や利益のことばかり、
社員に言っていました。

 

それこそ、朝礼やミーティングで
今年は○○億円が売り上げ目標
今月は○千万の売り上げをとらないと
コストをあと1・5%削減してください

 

そうE氏は数字を言うことが経営者の仕事と
思っていたのです。
でも、実は後から分かりますが
先代のご尊父は数字は月に1度の会議しか
言っていませんでした。

 

朝礼やミーティングでは
製品づくりへの愛情や
社員への感謝や会社の夢を
いつも語っていたそうです。

 

E氏はご尊父と一緒に働いていなかったので、
自分の会社の社長がどんなことを
やっていたのか知りませんでした。

 

だから、E氏がどんなに正しいことを
言っていても、先代と違いすぎる発言は
社員の心に響かなったです。

 

事業承継で最も重要なことは
継続性です。
社長が変わっても社長の役割が
大きく変わらない。

 

会社を変える場合は
ゆっくり時間をかけて

 

これが大原則です。

 

そのために、現経営者が社長として
働いている姿や言動を
後継者が間近で見なければなりません。

 

そして、その意図を解説してくれる
専門家がいれば、相互理解は短い時間で
可能です。

 

E氏は最後にこうおっしゃってました。
「自分がその後、V字回復できたけど、
本当に幸運に恵まれただけです。
もっと、親父の社長を知りたかったです」

 

では良い週末を

 

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!