アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

次の顧客ターゲット④

月曜日の続きです。

新規顧客である意味、テストマーケティングをして、
顧客の反応をしって、事業も改善し、社内の納得も得てから
既存顧客にしっかり販売する。

このステップが重要です。

ではどのぐらいの新規顧客が目安かといえば
法人取引なら5から10社
個人販売なら50人から100人

このぐらいで、新規事業としての大きな課題は改善できますし、
社内に販売に関するノウハウもある程度たまってきます。

目的をもって行動し、狙った成果を出せるでしょう。
ラッキーパンチではなくなります。後継者も自信がつきます。

こうすることで、後継者・2代目社長の信頼も高まります。

新規事業でテストマーケティング。
この認識を持っていただけると、うまくいくでしょう。

ではよい週末をお過ごしください。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第69回 ポッドキャストが配信されました!】

【第69回 ポッドキャストが配信されました!】

<タイト お酒が飲めないのに、利き酒師になる。会社を引き継いでから弱みを克服した(有)藤尾酒店藤尾社長インタビュー【後編】>

ご尊父の急死で急遽経営者となった藤尾社長。
最も困ったことは、藤尾社長がお酒が飲めず、お酒の味や感想をすべてご尊父に頼っていました。
自分が経営者になり、頼れる存在がいないときに、それまで避けていたお酒の味を自分で覚えることを決意し、利き酒師になります。
弱みを克服し、強い経営者になることを教えていただき、後継社長の可能性をお話しいただけました。

ぜひお聞き下さい。

9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~☜こちらからご紹介ページに移ります

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

次の顧客ターゲット③

台風が近づいており、風が強いですが、
その分涼しく感じます。

今年は台風が多く、勢力が強いので
警戒しなければならず、各地の被害が心配です。

今回の台風も強い勢力の様です。

皆様お気をつけください。

そして、被害が出ませんように。

さて、

前回に引き続きマーケティングについてです。

新しい事業は新規顧客を獲得することが望ましいと
書きました。

そこで、新規事業をやるときの注意点を今回は書きます。

事業承継をする中小企業というのは
すでに製品があり顧客があって、
その企業なりのスタイルやカタチがあります。

これを崩すことで、社内の反発を回避するために
新事業で新規顧客を獲得することを目指します。

ただし、これは非常に高度な経営力が必要です。

まず後継者の皆さんが知っておくことは
このやり方が上手くいくためには、ある程度の期間の
試行錯誤を繰り返し、小さな失敗の経験を必要としています。

そして、新製品を新規顧客である程度実績を積んで、
既存顧客に販売することが目指す経営状態なので、
そこを意識して、新規顧客を獲得してください。

なぜなら、新規顧客の獲得はマーケティングでは
難しいことですので、いつまでも新規顧客獲得だけでは
事業の収益は拡大しません。

続きは金曜日に。

今週も頑張りましょう!

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

次の顧客ターゲット②

月曜日の続きです。

「新規顧客を絞りに絞る」とは?

個人客なら一人、法人客なら一社かつその社長
ぐらい小さくして、その人の特徴を徹底的に
洗い出します。

もちろん一人に絞るので、実在に人ではなく
様々な人の特徴を組み合わせた架空の人とまりますが、
それでも、商談する相手を決めて、
イメージして、その人に納得してもらう。
そのための準備ややることを明確にすることが
とても重要です。

ですから、
後継者・2代目社長で新しい事業をやる場合は
まず、新規顧客として新しい方法で獲得することを目指してください。

既存顧客は新規顧客で実績ができたのちに
追随する形で新規事業や新方法をやっても
遅くはありません。

そうすることで、社内の混乱も避けることができます。

実はこのことのほうが効果は大きいでしょう。

人は一旦決まったことを変えるのは、
いい変化であっても、最初は拒絶します。
人間はそもそも変化が嫌いなので。

だから、新事業や新方法は新しい顧客でやる
と宣言するほうが社員は納得するのです。

そうすることで、社内の信頼も高まります。

楽しい週末をお過ごしください。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第68回】ポッドキャストが配信されました!

【第68回】ポッドキャストが配信されました!
<幼いころより生活と商売が密接で、継ぐことが当たり前だった、(有)藤尾酒店藤尾社長インタビュー【前半】>
約100年続く、酒類販売の3代目の藤尾社長。地域密着の酒屋さんとして、現在まで続いています。
幼いころより「このお店を引き継ぐ」と心に決めて、仕事に励んでいました。
それでも、お店の改善や商売の効率化など、後継者時代に新しい工夫を導入しました。
様々な悩みやご苦労がありながらも、邁進する姿は後継者の皆さんなら共感できるでしょう。
ぜひお聞き下さい。
9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~☜こちらからご紹介ページに移ります

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

次の顧客ターゲット①

毎月東京と大阪を何度か往復する日々が続いています。

3年前まで東京で仕事をするなど

夢のまた夢でしたが、
「できるかも」と思って、ちょっとづつやった
ことで、様々なご縁をいただき、
たくさんの方からお力をいただきました。

2代目社長専門コンサルタントという
変わった肩書を作ったことで、
覚えてもらったからと思います。
先日ある後継者Fさんと面談していたところ

今後は新しい方法で事業を広めていきたいと
話されていました。

Fさんの会社は事務用機器を販売しており、
これまでの事務用機器を売るだけでなく、
総合的なオフィスサービスをしようと
考えていました。

ところが、それを実行するには、
これまでの営業スタイルを変えなければなりません。
これまでは、新しい機械をできるだけ安く売ることだけを
考えて営業マンに、新しいサービスを付加して
より高く売ることを求めています。

企業の戦略としては、正しいのですが、
いきなり実践は難しく、課題が山積みなのが
後継者・2代目社長経営の特徴の一つです。

そんなときどうするか
今ある取引先に、新しいやり方をやろうとすると
混乱と反発を招くだけですので、最初には取り掛からない。

むしろ、新しいやり方は新規顧客を獲得することを目指します。
その際に重要なのが
「新規顧客を絞りに絞る」ことです。

「新規顧客を絞りに絞る」とは?

この続きは金曜日に。

今週も頑張りましょう。

 

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

事業承継する会社はいい会社です。②

月曜からの続きです。

よくあることとして
新商品を開発してようとして、
急いで顧客ニースを調べます。

顧客ニーズを収集するのは意外と難しい側面があり、
1度のアンケートやヒアリングだけでは
分からないものです。

なぜなら、顧客自身が自分のニーズを
正確に把握して、しかも、相手に
分かりやすい言葉で答えることは
非常に稀です。

だから、市場調査を1回したぐらいでは、
顧客ニーズの本当の意味が分からない。

もし、それで新商品を作ると考えると
顧客ニーズのずれがあり、
結局、新商品が売れないことに
なってしまいます。

だから、顧客ニーズというのは
日常的に収集しなければなりません。

そのために、営業担当が顧客ニーズの
特に潜在ニーズを感じ取る工夫が
重要です。

よって、顧客の潜在ニーズを
リスト化できていることが企業の「財産」となります。

特に製造業であれば、
潜在ニーズをリスト化していることが
企業の強みとなります。
次の新商品のヒットの確立が上がるからです。

皆さんの会社では
顧客の潜在ニーズについては
どうでしょうか。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第67回】ポッドキャストが配信されました!

【第67回】ポッドキャストが配信されました!
<従業員の価値観を共有することで発揮できる後継者のリーダーシップ>
後継者のリーダーシップはぐいぐい引っ張るよりも、
後ろからドンドン押すほうがいい。
そのために相手の価値観に後継者が合わせて、
その人が動きやすいように対応します。
その価値観の活用について、お話しします。
どうぞお聞き下さい。
9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~☜こちらからご紹介ページに移ります

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

事業承継する会社はいい会社です。①

今月もあと2週間で終わりとなり、いよいよ9月です。
残り4か月、今年もいい年で終われるように
頑張っていきましょう。

事業承継する会社はいい会社です。
私が常に言っていることです。

会社を次の社長に引き継いで、長く続けようと
考えているわけですから、
ダメな会社なわけがありません。
事業的にも継続は可能です。

しかし、どんなに繁栄している事業でも
いつかは下火になります。

もしくは、どんなに人気商品でも
いつかは、競合商品が出てきて
飽きられてしまうでしょう。

ですから、どの業種であれ
次の商品を開発したり、探したりします。

そこで重要なことが
顧客ニーズを調べることです。

中小企業は顧客ニーズのあるところに
商品やサービスを提供することが
マーケティングの王道です。

では、その顧客ニーズを皆さんの会社で
常に収集しているでしょうか。

続きは金曜日に。

今週も頑張りましょう!
btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

会社のものを減らして身軽になると・・②

前回からの続きです。

製造業・小売業・サービス業など
業種業界に関わらず
社内や店舗の整理整頓は重要ですし、
その基本は不必要なものを減らすことです。

ついつい、
必要かもと思っておいている物があると
いつの間にか倉庫の何割かが、不要なものだらけに
なってしまいます。

先日お会いした製造業の後継者Tさんも
私の話を聞いて、お盆休みの1日を使って
自分の会社の倉庫を整理されました。
それがちょうど1年前です。

父親の代から。誰も手を付けなかった
倉庫の奥にあるものを、思い切って
捨てたそうです。
最近はやりの断捨離や整理法でも
まず物を少なくすることが基本です。

Tさんは物を捨てて、整理をすることで
スペースが開いたし、見やすくなりました。

Tさんはその空いたスペースを
作業の効率を高めるために
倉庫の通路を広げました。

人のすれ違いが楽になり、
移動スピードが上がり、
作業効率が向上しました。

不要なものを片付けるだけで、
効果は高かったのです。

重要なことは後継者が
思い切ってやったこです。

社員には長年にそこにあるものを
動かしたり処分するのはできません。
後継者しかできないでしょう。

そうして、新しい風を吹き込むことも
後継者後継社長の役割といえます。

さて、皆さんも思い切って
不必要なものを捨ててはいかがでしょうか。

今日も良い1日を

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!