アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

【第59回】ポッドキャストが配信されました!

【第59回】ポッドキャストが配信されました!
< 株式会社パラツィーナフォーラム代表取締役 髙橋正佳社長インタビュー【後編】>
いよいよ会社を引き継いで経営に取り掛かる高橋社長。
そこに待っていたのは、会社の収益の柱であった管理物件数が
どんどん減るという厳しい経営状況でした。
それを打開するための様々な工夫についてお話いただけました。
右肩下がりから回復する秘訣があります。
ぜひお聞き下さい。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

結果を出せばいいと思うのは間違い③

店舗が増えると、売上を増やさなければ
借金が返せない。そのために、従業員にも
厳しく当たり、ノルマを達成させるようにします。

仕入れ先にも過度な値引きを強要しました。

しかし、確実に会社は転落に向かっていました。

ある時、信頼していた経営幹部が次々にやめる。

そして、金融機関から来月返済できないなら
民事再生しろと迫られる。

その時に、自分のおかれた立場を自覚し、
危機的な状況で目の前が真っ暗になりました。

よくよく考えてみると
悪いことは全部「ヒトのせい」にしてました。
と述懐されてました。

「景気が悪い」
「地域の消費が悪い」
「結果を出さない社員が悪い」
「借金を取り立てる銀行が悪い」
「支払いを待ってくれない取引先が悪い」

これでは、ヒトはついてきません。
ですから、この当時は本当に孤独だったようです。
その苦しみを誰にも言えず、夜も寝れず、
それでも朝から晩まで働いて、借金を返そうしましたが、
ついに体も壊しました。
btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

結果を出せばいいと思うのは間違い②

森光社長は3代目、
創業当初は和菓子中心から
2代目(森光社長の父)が洋菓子やパンを
始めたそうです。
森光社長も神戸でパンの修行して
地元かえって、パン屋をはじめ、
最盛期には14店舗にまでなりました。

会社を成長させ、結果を出したのです。

ご本人もおっしゃっておられましたが、
パン屋を始めたころは
回りにコンビニもない、
焼きたてのパン屋もない
だから、朝5時からお客さんが
開店をまってくれて、
飛ぶように売れたそうです。

しかし、そのビジネスモデルは
競合店が多数出てくることで、
ドンドン厳しくなったそうです。

パン屋を始めた当初は
「美味しいパン」をお客さんに
届けたいという思いで、毎日働いたそうです。
忙しかったけど、充実した日々でした。

そこから、店舗を増やしつつ、
人も雇って、大きくしていく過程で
少しづつおかしくなりました。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第58回】ポッドキャストが配信されました!

【第58回】ポッドキャストが配信されました!

< 株式会社パラツィーナフォーラム代表取締役 髙橋正佳社長インタビュー【前編】>

伯父様の急死とご尊父の急病で、期せずして会社を引き継ぐことになった高橋社長。
異業種からの事業承継で後継者時代は特にご苦労があったようです。
不動産業という情報が重要な業界で、人脈が0から会社を引き継ぐということで、
後継者時代に様々な努力をされました。
その後継者時代の上手くいく秘訣をお話しいただけました。
ぜひお聞き下さい。

 

9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~ ☜こちらからご紹介ページに移ります

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

結果を出せばいいと思うのは間違い①

毎日本当に暑いですね。
溶けてしまいそうな日が続きますが、
暑さに負けずに頑張りましょう。

今週は1週間東京に滞在。
ウィークリーマンションにおります。
ホテルより広いので仕事がしやすい。
いい環境です。
そして、久しぶりに自分で洗濯し、
けっこう大変なので、
妻の有難さを痛感しています。
以前、私がかつて実行委員をしていた
中小企業診断士シンポジウム第4回が
広島にて開催されました。

私はこのシンポジウムの創設メンバーとして
毎回参加しています。

この回の基調講演は
「八天堂」の森光社長でした。

私は「クリームパン」を全国区にした
ブランド戦略などを聞けると期待していくと

ブランド戦略よりも事業承継として
話のほうが引き込まれました。

森光社長の話を
次回から数回に分けてお届けします。
btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

赤字の支店をなくしても問題は解決されない②

前回の続きです。

後継者はついつい目の前の問題を解決したら
すべてが上手くいくと考えがちです。

私もかつて、同じように考え、店をつぶしましたが、
一時的には赤字は削減できましたが、
人財のモチベーションが下がり、社内の雰囲気が悪くなることで
最終的にはいい効果は得られませんでした。

つまり、後ろ向きな理由だけで
支店を閉鎖しても、問題の根本は改善されない
ということです。

むしろ、売上は下がるし、一時的にコストも増加するので、
経営として厳しい状況になります。

そのことを分かったうえで、
支店を閉鎖するなら、その閉鎖した人材を
他の支店や役割で上手に活用して、既存の業績を
10%や20%上げる覚悟で
検討してください。

では、次回もよろしくお願い致します。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第57回 ポッドキャストが配信されました!】

【第57回 ポッドキャストが配信されました!】

<後継者のための財務知識(社内のコストについて)>

後継者が経営を任されるようになるためには財務の知識は必須です。
そして、自らが財務の責任者になると、利益率を高め、社内の資金を残そうとします。
その際に、コストを削減します。
そのコストを人に関わるコストとモノに関わるコストに分類し、
それぞれに、どうのように削減するかを簡単にお伝えしてます。
財務を担当されている方も、これから財務も学ぶ方も基礎的な手法をご確認ください。

 

9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~←こちらからご紹介ページに移ります

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

赤字の支店をなくしても問題は解決されない①

先日事業承継のコンサルティングをしていると
ある後継者D氏が
「A支店とB支店は赤字ばっかりで、私が社長になったら
即閉鎖しようと考えています」
と言われました。

確かにA支店とB支店は本店とZ支店に比べ、赤字続きで
閉鎖したい気持ちは分かります。
単純に損益だけなら正しいように思います。

しかし、A支店とB支店にはそれぞれ5名の従業員がおり、
これらをどうするかと尋ねたところ、

「やめてるか、ほかの地域に転勤するかは決めていない」
とのことでした。

私はそれでは、従業員のことがをあまり考えていないので、
それぞれについて、支店がなくなったとして、
次にどのような仕事をわが社として用意できているかを
明確に示すことが経営者として
やるべきことです、とお伝えしました。

この続きは次回で。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

ダメだと言われると継ぎたくなる

後継者の勉強会に行くと、

しばしば聞こえるのが

「本当は継ぎたくないが、しかたなく」

という声です。

小さいころから「跡取り」として

育てられたため、何の疑いもなく

会社を継ぐことが当たり前になっています。

そんな後継者は多いです。

その反対に

「この会社は継がなくていい」

と、はっきり言われた後継者もいます。
それは

儲からない仕事を子供に押し付けるのは

良くないと考えて、あえて「継ぐな」と

伝えた経営者がいました。

しかし、そんな場合こそ

実はスムーズに事業承継ができています。

親が続けていけない理由を言って、

息子がやりたい意思を伝えます。

つまり、親が会社の欠点や短所を見て、

息子が会社の長所と将来性を語ります。
本来、事業承継は引き継ぐ側が

その会社の長所と将来性に納得したうえで

社長を交代するのが、理想です。

しかし、多くの場合は

親が子供にいい会社だから継ぎなさい

と言うけど、息子は会社の欠点ばかり

を見て、嫌だと言います。

最終的にはしぶしぶ引き継ぐことも。
これでは、受け取る側のモチベーションが

低くて、社長交代後も上手くいきません。
でも、

現経営者が「継がなくてもいい」と言われたら

後継者はどうするでしょうか?

継がせてくれというか?

継がなくていいと安心するか?
勉強会でお会いしたO氏は

「中小企業の製造業など継ぐな」

と父親に言われたにも関わらず、

継がせてほしいと頼みこみ、

社長になって今年で8年。

見事に新しい製品を作り出して

業績を伸ばしています。
O氏に聞いたところ、

継がなくていいと言われると

本当にそれでいいのかと

自問自答して、

答えを出したそうです。

継いでもいいし、

継がなくてもいい。
そんな原点の質問を

後継者の皆さんは

やっているでしょうか?

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

第56回ポッドキャストが配信されました!

第56回ポッドキャストが配信されました!

<事業承継のマーケティングにおける顧客ニーズの獲得>

顧客ニーズの獲得は中小企業にとって重要です。
とくに後継者が事業を成長させようとするとき、自社の方向性を確認するときには
顧客ニーズを知らずに経営はできません。
しかし、顧客ニーズの獲得が難しく感じている経営者・後継者も多いでしょう。
それは、顧客ニーズを獲得する方法を知らないためです。

今回は顧客ニーズを聞き出す質問法をお伝えしています。
御社の販売や営業のお役に立ててください。

9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~ ☜こちらからご紹介ページに移ります

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!