アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

資金調達、コスト削減、助成金・・・出来ることは全て

今回は、以前からもお話ししている資金調達について。

まず、一番身近な日本政策金融公庫のコロナ融資。
申し込みが殺到しており、申し込んでも、
窓口に相談するまでに、2から3週間かかります。
さらに、審査から入金まで1月から2月後です。

このスケジュールで、大丈夫な方は窓口に行ってください。
特に初めての方は、借り入れする経験が重要です。

このスケジュールが厳しい方は
オンラインまたは電話で申し込めます。
書類を取り寄せて、オンラインまたは郵送で申し込みます。
私の友人の経営者でも、郵送で申し込み融資を得た人もいます。

ただし、これは書類が書ける自信のある人にお勧め。
すでに日本政策金融公庫と取引があったり、
他の金融機関で借り入れした実績のある方向けてです。

初めての方は、書類が届いても、どう書いて良いか分からず、
とりあえず書いて出したら、訂正と修正を繰り返して、
作業が余分に増えるからです。

どちらがいいか、よく考えてください。

次に、セイフティーネット4号5号の融資。
5月からはこちらの方が、円滑なようです。
民間の金融機関での融資なので、すでに取引のある
金融機関に相談するとよいでしょう。

後継者が初めてであっても、
まずは金融機関に問い合わせからやりましょう。
前向きに応対してもらえるという、報告が多いので、
安心して、取り組んでください。

次に、コスト削減について。

複数の弁護士や専門家から話を聞いた内容です。

資金が厳しい場合に、支出を押さえるために、
最初は、借入金の返済を猶予することを
金融機関と相談してください。

「返済を猶予してくれませんか」と
殿様に泣きつくようにしなくても、
「資金が厳しいので、返済猶予の期間を相談さて欲しい」
と、落ち着いて相談しましょう。

金融庁の方針もあり、半年前後の支払いの猶予は
認める方向になっています。
また、それによって、金利が高まったり、
企業のスコアが悪化することはないようです。

利息の支払いまでは、とめられないですが、元金だけでも
支払いを延ばせると少し余裕がでます。

では、続きは次回に。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

まだまだ続く with コロナ

前回の続きです。
次に、コロナの影響がもう1年続くと考えると、
それに対応した会社の仕組みが必要となります。
分かりやすい例ではテレワークの対応は必須です。

従業員に自宅で仕事をしてもらいながら、
その管理を後継者がやる。
最初は面倒ですし、上手くいかないこともあるでしょう。
何しろ、日本でここまでテレワークを求めらることは
初めてなので、少々の失敗は問題ありません。

それよりも、
「そんなことはできない」と対応しないほうが
将来へのリスクといえます。

例えば、大手のセールスでは
訪問が基本でしたが、今ではWEBミーティングでの営業です。
リースや広告、ITシステムなどでは
WEBミーティングの営業が主流になりつつあります。
ヒトとヒトが接触しないことが
社会の共通認識になりつつあるので、
会社には、必要な時だけあつまる。
顧客には訪問よりWEBミーティング。
となるでしょう。

経営者や後継者が変わるよりも先に
従業員や顧客先の気持ちが上記のように
先に変わったとしたら、
それこそ、対応が後手後手になります。

今から、やれることを少しづつ
やっていきましょう。
どんなニーズがあるかは、
従業員にまずはヒアリングと確認をすると
ヒントになるでしょう。

本格的な稼働は
来週からと思います。
今週末は新しい会社の仕事の仕方を
考えてもいいかもしれません。

では、また来週.

 

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

まだまだ続く with コロナ

ゴールデンウィークでまだお休みの方も
働いている方もいると思います。

ことしも「がまんウィーク」なので、
休むにしても、仕事にしても、自宅ですが(^_^)

さて、4月の経済状況が続々発表されています。

飲食店や旅行業は非常に厳しい状況であることは
みなさんご存じかと思います。

しかし、こんな最悪の経済状況にもかかわらず
業績を伸ばしている企業があります。

分かりやすい例では
食品スーパーは全国平均で約10%売上げを伸ばしています。
(全国スーパーマーケット協会)

衛生用品のマスク・消毒液などコロナ関連は業績拡大。
製造業でも電子部品や有機化学などの分野伸びています
(経済産業省の鉱工業生産指数より)

またB to Bの仕事では、影響が少ないところもあります。

統計には表れにくい中小企業ならその明暗が分かれていると思います。
私の顧客でも、影響が激しい会社、ほとんどない会社とあります。

私のところに相談に来る後継者に
「10年に1度のピンチだから、頑張って乗り越えよう」
と言っています。

では、どうやって乗り切っている会社が多いのか。、
まずは借入金を増やしています。
これは、先週も書いたので、皆さん大丈夫でしょう

次に、従業員に休業を与えて雇用調整助成金に対応すること。
これも4月のはじめに書きました。

その他、政府からの持続化給付金の申請
https://www.jizokuka-kyufu.jp/
東京都なら東京都感染拡大防止協力金
https://tokyo-kyugyo.com/

とにかく、資金の手当ては後継者の仕事と思って、
積極的にやりましょう。
各地域独自の支援があるので、毎日検索して、発見しましょう。
経済対策は弱者救済ではないので、
後継者が情報を取りにいきましょう。
その情報が会社を救うと思って。

最近の申告はオンラインも増えているので、
現経営者より後継者の方が向いています。

では、続きは次回に。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第201回】ポッドキャストが配信されました。

【第201回】ポッドキャストが配信されました。
第201回 結婚するまでの仕事のつもりで入社したものの、着物について真剣に向き合った後継者時代:株式会社近藤衣裳店 近藤愛子社長 インタビュー【前編】
9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~
老舗貸衣装店3代目の近藤社長。
2人姉妹の長女でも、会社を継ぐとは言われなかった。
28歳の時に、先代から会社に入るかどうか聞かれ
「結婚までの仕事」と軽い気持ちで入社する。
しかし、着物についての知識がないため毎日遅くまで勉強し、
苦手な針仕事も努力するなど、修行となった後継者時代でした。
それでも、その時の経験が今の経営に役立っています。
若くして会社に入った後継者に特にオススメの内容です。

 

アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方

 

こちらからお聞きください。

9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~←こちらからご案内ページに移ります

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

コロナの経験を糧に一歩ずつ ②

前回の続きです。
今までは、会社に来て、顧客に訪問して、現場に行って
という、人が動くことが前提でしたが、
テレワークで会社には行かなくても、顧客に直接訪問しなくても、
現場に行かなくて、できる仕組みが必要です。

重要なことは
テレワークをするか、しないか!
という選択ではなく、
テレワークもするし、現場しかできないこともする。
両方やって、会社をよくすることです。

つまり、今やっている仕事の
目標5割をテレワークにするために
何ができるのか。

これこそ、後継者が考えることです。
経験の長い経営者には、なかなか思いつかないことです。

テレワークの導入初期のデメリットより
導入したのちの長期的総合的なメリットを
後継者・後継社長が
どれだけ真剣に考えられることか。
会社にとっても、従業員にとっても、
テレワークのメリットを享受することができます。

もちろん、いきなり5割だと反発ばかりなので、
最初は1割でも十分です。
何事も新しいことは小さく始める。
これも、組織のリーダーとして大切な知識です。
時にはこんなことを考えることも、
後継者・後継社長だけです。

今こそ、知恵を使って、
見えない未来を、模索して見ませんか。

そんな支援もWEB面談でお手伝いしています。

では、よいゴールデンウィークをお過ごし下さい。

 

http://asisst-2daime.com/

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

コロナの経験を糧に一歩ずつ ①

気候も良くなっており、例年ならGWで
楽しい予定があったと思いますが、
今年はどんな感じになるのかなあといったところです。
私がコンサルの仕事をしているので、
政府のコロナ対策について、子ども達といろいろ話していると、

「緊急事態宣言の1か月ぐらいで、経営が厳しくて、
従業員の給料も家賃も払えないなら、
そもそも経営的にダメだ。コロナ以前の問題」

いや~~
正論です。
経営の教科書としては、売上げが0になっても
3か月分の給料と固定費を払えるように、
資金を準備しておくことが定石です。

我が社も今はそうように貯めてますが、
かつて、飲食業や小売業をしているときには
そこまでの余裕はなかったことを思うと
耳が痛いです。

現状の厳しさに対しては
資金をなんとかかき集め、今を乗り切るしかありません。

日本政策金融公庫やセイフティーネット融資(4号5号)などが
よく使われています。
詳しくは経済産業省のこちらを
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/shikinguri_list.pdf

そして、特に重要なことは従業員の維持です。
コロナは長引いても最長1年ぐらいでしょう。
ワクチンと対処薬が、ある程度できれば、
新形コロナも少し安心でしょうか

経済活動が戻ったら、
また、人材不足です。
しかも、人手不足を補っていた外国人も
数年単位で増える見込みはないと考えます。

だとすると、今考えることは
現在の従業員の雇用を守ること
そして、
テレワークで成り立つように会社の仕組みを変えることです。

では、どのように変えていけばいいのでしょうか?
では、この続きは次回に。

 

http://asisst-2daime.com/

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第200回】ポッドキャストが配信されました。

【第200回】ポッドキャストが配信されました。

第200回 「祝!200回記念」厳選インタビュー を振り返り、セルフカバー解説9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~

リスナーの皆様のおかげをもちまして、ポッドキャスト配信が200回を迎えました。
これまでお届けした多くの後継社長のインタビューのなかで、
もう一度聞いて欲しい社長を紹介し、
その聞きどころを解説しています。
初めての方も2度目の方も、ぜひ厳選したインタビューを聞きなおしていただければと思います。
解説している社長名(紹介順)
・オーダースーツSADA  佐田 展隆社長(第90~第93回)
・株式会社シュウ・カワグチ  川口 菜旺子社長(第163回~第165回)
・エスアイ精工株式会社  指尾 成俊社長(第9回、第10回、第153回~第155回)
・株式会社布引礦泉所  石井 恭子社長(第27回、第28回)
アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「視野を広げることが解決の道筋②」

前回からの続きです。

 

現在を考えることも大切ですが、
同時に選択したことで未来がどうなるか。
未来に何がいいことがあるか。
を考えることが大切です。

 

そもそも、
あなたはその選択で「どうなりたいのか」
その会社で達成したことは何か

 

これについて、はっきり答えられるでしょうか。

 

さらに、仕事だけでなく、
プライベートや家族との関係性など
多方面に考えるべきです。

 

選択肢AとBがあった場合。
Aが100点で、Bが0点ということはないでしょう。

 

どちらにも一長一短だからこそ悩むのです。
どちらを選ぶにしても、
そのメリットとデメリットを受け入れることが
重要です。

 

さて、その後継者にも同じことをお伝えし、
その後継者が気づいていない、
「あなただからこそ持っているメリット」を
再確認することで、
やるべきことが分かったのです。
未来への希望となりました。

 

きっと、活躍されると信じています。
このような相談をよく受けています。

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

 

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「視野を広げることが解決の道筋①」

緊急事態宣言から2週間がたち、
少しづつ、仕事の自粛スタイルに慣れてきたように思います。

 

もちろん、プライベートでは
外食したい!
友人に会いたい!
旅行に行きたい!

 

など、不便を感じますが、
仕事のやり方は徐々に対応しています。
皆さんも、同様かと思います。

 

私の会社でも、後継者や後継社長に
お会いするのは、直接面談がほとんどでしたが、
今月はWEBにて、初対面が増えています。

 

先日もWEB相談でした。
ある後継者Aさんから、
御尊父の経営している会社に戻るかどうか
について、悩んでおられたので、
いくつかアドバイスしました。

 

後継者が会社に戻る場合
悩む派とあまり悩まない派が
あります。

 

私も500名以上の後継者にお会いしているので、
よく分かります。

 

悩む派は
今の仕事から自分の会社の仕事に変わることで
不安を感じている方が多いのです。

 

・業種が違うから
・職種が違うから
・体質が古いから
・経営者(父親)がワンマンだから
・給料が安くなるから

 

などなどです。

 

いづれにしても、ある程度会社のことを知っているからこそ
現状と比較して、マイナス面に目がいっています。
視野が狭くなっていると言えます。

 

視野が狭くなると、良い判断がくだせないので、
視野を広げることが解決の道筋です。
そのひとうつに時間軸を広げてみるです。

 

続きは金曜日に。

 

 

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第199回】ポッドキャストが配信されました

第199回 商家の家訓から学ぶ事業承継 ~高島屋~
9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~
日本には長く続いている会社が多くあります。
その会社の家訓を学ぶことで、会社永続の秘訣や事業承継のポイントを学ぶことができます。
今回は高島屋さん。
関西を中心としたデパートです。
江戸時代に創業し、初代から2代目へ経営を引き継ぎながら、古着屋から百貨店に成長し事業を発展させています。
その中で経営者として会社を守るべき家訓を知り、時代と共に成長するための経営手法の変化について解説しています。
こちらからお聞きください。
アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方

 

9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意~←こちらからご案内ページに移ります

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!