アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

「経営者と同じ目線で後継者を育てる」②

前回からの続きです。

コンサルタントがやるべきことは、

事業承継は現経営者と後継者の意見のすり合わせです。

借金が多かろうが少なかろうが
現経営者と後継者が会社の将来に向けて
真摯に相談し時間をかけて決定すればいいことです。

コンサルが借金の過多について、
口を挟む余地などありません。

プロのコンサルタントは
その会社の計画に対して
借入金の返済ができるぐらいに
見込みがある計画かを
経営者と後継者とともに考えることです。

時として、経営者の考えを後継者に違う表現で説明し、
また別の時には、経営者に後継者の目指す未来について
プロのコンサルタントとして、解説する。

そうやって、
経営者と同じ目線で後継者を育てることが
事業承継コンサルタントとして
最も重要なことです。

なぜ、私がそう思えるかといえば、
私が事業承継を経験して、後継者が
円滑に引き継ぐ方法を分かっているからです。
決して、上からものをいうわけではないのです。

子供を育てるときに、頭ごなしに
子供の気持ちも考えず、教育する親がいるでしょうか?

子供に何か教えるときに、
この子は何を考え、目指しているかを
くみ取って、最短な方法を伝えますよね。

事業承継ではその役割が
経営者だけでは、時間が少ないので、
プロのコンサルタントを活用することで、
効率的で効果的に後継者を育成できます。

よい週末をお過ごしください。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動