アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

「年末に向けて、資金は十分に確保しよう」④

前回からの続きです。

前回の失敗からどのような対策をしているのか、

お話ししたいと思います。

 

そこから、資金繰りや財務に関して

事前の準備を十分すぎるほど

時間をかけて、

資金の可不足は1月前以上に分かるようにする。

毎月少し多めの貯蓄を積み立てておく

など、様々な方策をしています。

財務や資金繰りを始めると

最初のうちはどうしてもミスがあります。
誰でも初めての仕事にミスはつきものです。

ですから、そのミスが小さいなら

経験として受け入れられます。

しかし、大きなミスは取り返しがつかないので、

そうなる前に、未然に防ぐことが重要です。
最も効果的なことは

毎日の資金の入出金について

細かく記帳しておき、

支払い分は1カ月先まで

予想しておくことです。
手間のかかることではありますが、

一度身につけると、その後は

難しくないのが財務と資金繰りの能力。
全く関わっていな後継者は

来年は経験してはいかがでしょうか。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第83回】ポッドキャストが配信されました!

【第83回】ポッドキャストが配信されました!
< 家業に戻ったトップ営業マンがアナログ的な会社をどのように改善したか:株式会社山登小林 代表取締役 小林将氏インタビュー【後編】>
創業109年の老舗に生まれた小林社長。
その歴史ゆえにアナログ的な社内ルールにご苦労されます。
大手企業では簡単にIT化できることが、中小企業ではなかなか難しい。
そのジレンマを抱えつつ改善していくことは、多くの後継者の参考となります。
ぜひお聞き下さい。


 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「年末に向けて、資金は十分に確保しよう」③

12月も半ばとなりました。

忘年会もスタートしているでしょう。

私も今日からしばらく

忘年会が続きます。

仕事も忙しくなっているので、

皆さん体調に十分気をつけましょう。

さて、前回の続きです。

資金繰りを任された若き日の私は

最初は苦戦しながらも、半年ぐらいたつと

ルーチンの作業は問題なくできるようになりました。

財務や資金繰りというテーマの中では

初歩的な事ができただけで、まだまだ未発達だった

にもかかわらず、私は「できる」気になっていました。

それが、油断となり、

大きなミスを生みだします。
ある年末のことです。

年末の資金繰りに特に注意するように

社長(父親)に言われたにも関わらず

ミスをします。

幸い他社に迷惑をかけたわけでは

なかったのですが、

背筋がぞっとしました。
12月30日の時点では残金にも余裕を持たせて

仕事を収めました。

仕事初めの1月4日の銀行で通帳を記帳したら

当社の口座の残高はなんと3万円!

我が目を疑うとはまさにこのことで、

ゼロが足らないんじゃないかと

真剣に思いました。

そんなわけはなく、

私は数ヶ月前に年末に支払うと約束して

手続きもすべて終わらせていた支払いが

ありました。
私はすっかり忘れていて、

もうちょっと、資金不足で金融機関や

支払先に多大な迷惑をかけるところでした。

しかも、年末で他の金融機関から

資金を移動させるにも

時間の余裕がなく、

ひょっとして、大事になっていた

可能性があります。

「ヒヤリ、ハット」

という言葉が医療現場で良くいわれます。

仕事をしていて、ひやりとしたり

はっとするときに、ミスがなくても、

未遂だったとしても、

次やったら大変ことになるので、

しっかり反省し、自らを戒めることを

意味します。
まさに私はそんな心境でした。

次回はそんな失敗から学び、とっている対策について

お話しします。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「年末に向けて、資金は十分に確保しよう」②

月曜からの続きです。

経理の仕事に慣れてきたころにおこった事件の続きです。

 

ここで、少し自信がつけたのですが、

その自信が過信になって

こころに油断が生まれました。

しかし、そんな私の心を先読みして

父親が

「年末は注意せよ」

と言われました。

銀行の営業日が短くなったり、

月初の引き落としが正月明けにまとめるので

よくよく預金通帳を見ておくようにと。
私は「はいはい」と

気にしながらも、

そこまで深刻に考えていませんでした。
そして、

月末に支払いを済ませて、

正月明けの引き落としを確認し、

通帳に少し余裕の資金を残して

12月の仕事をおさめをして、

正月休みはいったのです。
そして、正月の明けの

初出勤で私は凍りつくのでした。
この続きは、

また次回で。
伝えたいことは

年末に向けて、資金は十分に確保しよう

ということです。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第82回】ポッドキャストが配信されました!

【第82回】ポッドキャストが配信されました!
<大手企業のトップ営業マンから自社に戻った決意とは:株式会社山登小林 代表取締役小林将氏インタビュー【前編】>
創業109年の老舗に生まれた小林社長。
幼いころより祖母から教えられ、会社を継ぐものと信じていました。
大学卒業後、大手企業に8年勤め、営業のトップになりましたが、
自分の今後を考えたときに、ご尊父にどうするかと聞かれました。
その時の答えは決まっていました。決断する瞬間の話が興味深いです。
ぜひお聞き下さい。


 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「年末に向けて、資金は十分に確保しよう」①

いよいよ2015年の最後の月になりました。

皆さんお忙しいとは思いますが、

頑張って乗り切りましょう。

さて、12月になると

私が忘れられない話があります。

それは

年末の倒産未遂事件です。

もう10年以上前の話ですが、

実家の会社に戻り3年がたって

経理をするようになった時のことです。

その年に4月から経理を前任者に

教えてもらいながら、やっていました。

最初は経理が初体験だったので、

細かい数字のミスを連発して

良く怒られ、銀行さんにも迷惑を

おかけしました。

振り込みをしたけど、口座番号を間違えて

資金が戻ってきて、支払いができておらず

取引先に謝ったことも何社かありました。

当時のみなさんには、ご迷惑をおかけしました。

そんな、経理作業も半年のすれば

ミスが少なくなり、

毎月の支払と入金管理には

大きな問題がなくなり、

私なりにひと安心していました。

「何とか、分かってきたので、もう大丈夫」

と、思っていました。

 

続きは金曜日に。

経理の仕事に慣れてきたころに起こしてしまった
大失敗についてお話しします。

今週も頑張りましょう。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「後継者は孤独だ」②

月曜からの続きです。

どの様に「後継者は孤独だ」と感じたのでしょうか。

イタリアンレストランをしていた時ですが、新メニューを開発して、

販売していたところ、

当時の社長が来て、「もっと塩気がいる」とか「見栄えが良くない」

といろいろダメだしを受けてると、従業員はあっという間にそちらになびくのです。

当たり前といえば当たり前ですが、孤独感と無力感を感じました。
このように後継者は一定の権限あるものの、それほどではないという

中途半端な立場のため、孤独感を感じるのです。

そんな時こそ、社外に行って、自分の人脈を作りましょう。

後継者の特権でもある、社外での人脈づくりを積極的にやります。

最初は少々、戸惑うかもしれませんが、

自分の人脈を作りことは非常に重要です。

将来、後継者を助けてくれる人財になるためです。

自分が学びたいとか、関わりたいと思うセミナーや団体にアプローチしてください。

そこで、自分の考えや行動を仲間と話しながら、頭で整理してください。

朝晩の気温が下がってきました。

体調管理に気を付けてあと一か月乗り切りましょう。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「後継者は孤独だ」①

今日のテーマ「後継者は孤独だ」

経営者は孤独だとは良く聞く言葉ですが、

後継者も孤独だと悩んでいます。

どうして孤独なんでしょうか

それは、自分の上には現経営者がいて、部下には従業員がいる。

現経営者と従業員は長年の信頼関係で価値観を共有しており、分かりあってます。

後継者はその現経営者色に染まりきった組織に、ひとりだけ

ちょっと違う価値観で存在しています。

例えれば、白い羊の群れの中に、茶色の羊が1匹だけ混ざっているようなものです。

同じ羊ではあるけど、ちょっと感覚が違う。

ですから、疑問に感じることや問題意識も少し違います。

周りの人から見ると、少々ずれているように感じます。

後継者も組織内での違和感を感じていますが、それを相談する相手もいません。

従業員はもちろん、社内に出入りしている専門家や取引業者も

現経営者と同じ価値観ですので、後継者の意見を受け止められません。

私も後継者時代に同じようなことを何度も味わいました。

 

この続きは金曜日に。

連休明けの月曜日。しっかりと頭も体も働かせていいスタートを切りましょう。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

行政的な手続き②

月曜からの続きです。
今回は行政的な手続きに関してです。

事業承継しようとして
社長の交代を登記しようとすると
それまで登記を変更していない分を
まとめて変更することになり、
かなりの作業になります。

しかも、登記していなかったことに罰金があります。
数万円から20万円ぐらいですが、
知らなったために払う罰金は釈然としません。
(私もかつて払ったことがあります)

このように、実は知らないことで不必要な
おカネを支払うことがあります。

それを回避するには
情報と知識という武器を後継者が
身に着けなければなりません。

成熟社会では情報と知識が重要です。

さらに、
取締役の変更する期間を何年にしているかも、
後継者は知っておいてください。

2年なのか、3年なのか、6年なのか
最大10年までですから、
定款をよく見て、ご確認ください。

では、また来週

良い連休をお過ごしください。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第80回】ポッドキャストが配信されました!

【第80回】ポッドキャストが配信されました!
<後継者・後継社長のリーダーシップにおける意欲と能力の関係性について>
リーダーシップには意欲と能力が大切です。
その関係性はどのようなものでしょうか。
これは古くて新しい課題であり、人のリーダーとしての根源的な問題です。
後継者が次のリーダーになるために、どのような意欲と能力が必要かを解説しています。
ぜひお聞き下さい。

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動