アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

「阪神大震災について②」

前回からの続きです。

 

その後、東日本檀震災などで復興支援をしてきて
改めて思うのは、

 

ヒトは働くことが大切で、
働く場所があることで生きがいになり
働くことで世の中に恩返しできる

 

ということです。
様々な現場で、大変な状況であっても、
一生懸命働いてる人は、
真の意味で個人として立ち直られていると感じます

 

阪神大震災など天災は被害が甚大で
悲しい出来事です。

一時は何もできないでしょう。
でも、そこから学ぶことできるのも
人類の知恵だと思います。

 

阪神大震災を契機に、
震災への備えが拡充され
震災直後の救援や復旧支援も強化されました。

 

なにより、私たちがそこからえた
経験と知恵を多くの人に伝えることで
社会のお役に立っていると思います。
私も様々な天災があったときには
できる限りの支援と協力をしています。
それが私なりの恩返しになると考えています。
その輪が繋がっていけば日本らしいと。

 

阪神大震災の時の記憶も
少し薄れつつあるかもしれませんが、
今日は当時と思いだし、
鎮魂の祈りを捧げたいと思います。

 

 

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第137回】ポッドキャストが配信されました

【第137回】ポッドキャストが配信されました。

 

「事業承継の3つのフェーズ 第1段階『会社の磨きあげ』」

 

事業承継を時間軸として考えると、3つの段階があります。
これを事業承継の3つのフェーズ(段階)と言います。
第1が会社の磨きあげ、第2が後継者の育成、第3が手続き論です。
まず、第1段階の会社を磨きあげるときに、必要なことは何でしょうか。
自社がこれから100年続くとしたら、その長期の事業計画の立案こそ重要です。
事業承継を考え始めたら何からするかを、解説しています。

 

ぜひお聴きください。

■事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会のお知らせ
https://www.jsc-kyokai.com/seminar

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「阪神大震災について①」

阪神大震災について

 

毎年、1月17日が近づくと
当時のことをメルマガでお伝えし、
震災の記憶を風化させないよう、
そして、今の日常を感謝するために
特別に書いています。
ご了承ください

 

1月17日の早朝に
激しい揺れで目が覚めました。
私は京都の下宿へ前日に帰ったばかりで
その17日が大学の期末テストのため
遅くまで勉強し、就寝しました。

 

明け方の大きな揺れで目が覚めましたが
あまりに下宿のアパートが横揺れするので、
布団から動けずに、ただ地震がおさまるのを
じっと待っていました。
今でも、あの揺れを思い出して、恐怖を感じます。

 

被災直後ではなく、数年後のことです。

 

サラリーマンを経て、実家の会社のもどり
飲食店を経営しながら、
コンサルを始めたばかりのころ
神戸の企業を訪問し、経営状況をヒアリングする
という仕事をやりました。

 

寒い時期でしたが、1日5~6社ほど
アポをとって、会社を訪問し30分ほど面談するなかで
経営者ごとにいろいろな主張があり、
経営に対して様々な価値観がありました。

 

そのときに、ある経営者が

 

「先生、あんたは若いけど、しっかり働かないとあかん。
人間は働かないとダメになる。
実際震災後に補償金やなんやらで、しばらく働かなかった人は
みんなダメになってしもた。
働いてヒトの役立つことが仕事やとおもうし、
震災で生き残った我々ができる恩返しちゃうかな~」

 

その当時は、この社長の言葉は頭では分かっていたのですが、
腹落ちしたとは言えませんでした。

 

続きは金曜日に。

 

 

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「社外に出ていくことも 重要②」

前回からの続きです。

 

後継者の皆さんは

他社でのサラリーマン経験がある方の多いので、

自社を客観的に見るための素地はあります。

 

さらに、後継者時代なら
異業種交流やセミナーなど
他社の集まるところに出かけて、
情報交換をします。

 

そこで、自社と他社の違いから
自社の良さを認識できます。
もちろん、自社の課題や弱さも分かりますが、
まずは自社の強みや特徴を注視します。

 

経営者になる前に、自分の会社の現状を
知ることはとても大切です。
それが後継社長の成功につながります。

 

そのための後継者時代の時間の使い方を
社内で学ぶだけでなく、社外に出ていくことも
重要であるとご理解ください。

 

本年は交流会やセミナーなどに
積極的に参加して、視野を広げてはいかがでしょうか

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第136回】ポッドキャストが配信されました

【第136回】ポッドキャストが配信されました。

 

「中小企業の事業承継への展望 2020」

 

数年前から事業承継では、2020年問題があると言われています。
2020年からの10年間で、団塊の世代の経営者が続々と引退するようです。
この大問題を解決するために、当事者の経営者と後継者、そして事業承継の専門家が何をすればよいかについて、2020年の展望をお話しします。

 

ぜひお聴きください。

■事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会のお知らせ
https://www.jsc-kyokai.com/seminar

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「社外に出ていくことも 重要①」

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。

 

我が家の例年のように餅つきをして、
年越しを妻の実家で迎え
元日に西宮戻り、3が日は家でゆっくりしました。

 

イギリスに留学していた息子が、
「やっぱり、日本は何食べてもおいしい」
と、喜んでおり、
日本の良さを私も再確認できました。

 

日本では当たり前のことが
イギリスでは当たり前ではないことが
分かったようです。
町の安全とか、思いやりとか、美味しいごはんとか

 

日常に普通にあることは
特別に感じないのです。
現状を離れて自覚できます。

 

私も学生時代にオーストラリアに短期留学しましたが、
日本の良さや両親の感謝を知りました。

 

さて、後継者にとって
自分の会社の当たり前が実は他社から見ると
特徴であることがあります。

 

コンサルティングの現場でよくあるのですが、
後継者や経営者の皆さんに
自社の特徴や強みを聞くと
明確に答えられない場合があります。

 

明確でないというのは
「うちは鉄の旋盤の技術です」
とか
「細やかな顧客対応です」
のように、具体的に分かりづらいことです。

 

自社の特徴や強みは他社と違うことを
明確に示さないといけません。

 

自社の強みを明確に表現する
そのためには自分の会社の中だけにいては
分かりません。

 

会社を外から見て、
他社と比較することで、自社の良さが分かります。

 

 

続きは金曜日に。

 

 

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

謹賀新年2020

皆様

新年おめでとうございます。

2020年が、素晴らしい年になることを願っております。

 

今年はなんといっても「オリンピックイヤー」です。

世紀の大イベントを東京で日本で十分に味わって、楽しみたいですね。

私も当たったチケットの水球や飛び込みを今から予習中です

 

ビジネスでは事業承継問題がますますクローズアップされ、

国の施策として、いろいろ拡充される見込みです。

ある意味、中小企業の経営者や後継者にとってチャンスです。

 

2020年代が皆様の企業にとって、末永い発展のスタートに

なることを願って、アシスト2代目は今年も頑張ってまります。

どうぞよろしくお願いします。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

2019年総括

2019年

皆様はどんな1年だったでしょうか

事業承継はますます社会問題となり、中小企業の経営者と後継者が

直面する大きな課題となっていました。

 

私も事業承継で多くの経営者と後継者にお会いして

事業承継に向けて準備の必要性と後継者教育の大切さを

お伝えしました。サポートした企業も多数です。

 

また、事業承継を一緒に取り組む仲間を増やす活動も

今年から始めました。

日本事業承継コーチング協会(https://www.jsc-kyokai.com/)を立ち上げ、

「事業承継コーチ」を増やすための養成講座を

初めて開催しました。参加者の方々が今では

事業承継の分野で活躍されているのが何より嬉しいです。

 

皆さんにとって、2019年がいい年であったと思います。

大変なこともあったと思いますが、

年末を無事に迎えることができたなら、

総合的にはいいことが多かったと思い出してみてください。

 

また、来年もアシスト2代目をどうぞよろしくお願いします。

弊社は本日より1月5日まで休業です。また年明けに

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「自社株式は後継者一人に集中させる」②

前回からの続きです。

 

会社の株を多くの人が少しづつもっている状態を
「株式が分散している」といいます。

 

この分散がおきないように、
また
起きたとして、どうやって株を集中させるかが
ポイントです。

 

これが一筋縄ではいかないのです。
実際、今回の相談者もまだまだ集まっていません。

 

この場合は会社を代表した専門家が
買取の交渉するほうが話が早く済みます。

 

なぜなら、まずは株価にしたがった経済的金額を明示し、
その後、現在持っている人の会社への要望を
後継者や現経営者に橋渡しできるからです。

 

特に親族であれば、経済的な価値よりも
長年勤めていた感情的な部分があります。
これを後継者と当人で解決するのは難しいのです。

 

そこで、あくまでも会社のため、
長期の繁栄のために
客観的な判断できる外部人材を活用するほうが
かえって短時間ですみます。

 

経営者一族の齟齬は会社の業績に直結するので
長引くことが最大のリスクと言えます。
(社内でもめていると業績は低下します)

一度、自社株の状況を確認ください。

 

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第135回】ポッドキャストが配信されました

【第135回】ポッドキャストが配信されました。

 

「家業から企業へ、経営システムを整備した3代目の経営力とは:株式会社銀座磯むら 代表取締役社長 磯村剛志氏 インタビュー【解説編】」

 

銀座で老舗の串揚げ店ながら、父の代までは経営という感覚が薄く、職人的な雰囲気だった。

かつてはその方法がよかったが、時代が変わり、店舗も増えたことで、マネジメントを変えなければ生き残れなかった。

そのために、システムの変化も大切ですが、後継社長自身の経営への意識の変化が重要でした。

家業から企業へ、後継社長の重要なキーワードです。

 

創業60年の銀座の老舗串揚げ店 ぎんざ磯むら http://www.ginza-isomura.co.jp/

 

ぜひお聴きください。

10月~12月、事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会を開催いたします
https://www.jsc-kyokai.com/seminar

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動