アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

【第112回】ポッドキャストが配信されました

【第112回】ポッドキャストが配信されました。

 

「父の養豚場など興味がなかった後継者が、農業の可能性に気づいて、新しい農業に取り組もうとするも・・・:株式会社みやじ豚 宮治勇輔社長 インタビュー【その1】 」

 

興味のなかった実家の豚を友人に美味しいと言われたのにどこに売っているか分からない、その事実に愕然とした。

 

そして、サラリーマンをしながら農業の可能性に気づき、実家に帰ることを決意した。

 

その前にテストマーケティングで自分の覚悟も確かめた。

 

カンブリア宮殿でも紹介された宮治社長の話は、農業関連の後継者には希望の話の第1章です。

 

 

ぜひお聴きください。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「後継者のほうが時間的に余裕がある」①

ある後継者さんと
面談していると

 

「親父がそろそろ事業承継しようといいながら、
全然やる気がないんです。どうしたらいいですか」

 

よくある話です。

 

そもそも、現社長は
仕事が好きで、会社の経営する社長業を
いつまでもやり続けたいものです。

 

なぜなら、やりがいがあって楽しいからです。

 

それを人に渡そうとするのは苦痛であり
恐怖です。

 

人は現状からの変化は恐怖を感じます。

 

どんな小さなことでも、自分が好きなことを

 

手放すことは大変つらいものです。

 

これは人間の脳の仕組みがそのように
なっているので、仕方ありません。

 

しかし、ヒトは成長と変化もできるので、
毎日のちょっと変化なら大丈夫です。

 

だから、後継者が知っておくことは

 

時間をかけてゆっくり変える事です。

 

続きは金曜日に。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「事業承継は線路の分岐のようなもの」②

前回からの続きです。

 

私はいつも言っていることは
「事業承継は、まず先代と同じようにやってみる。
その後、長期的に少しづづ変化・改善する」
このことが大切と言ってます。
たとえるなら
「線路の分岐」のようなものです。

 

電車が方向を変えるとき、線路の分岐点では、少しの角度しか変えません。
電車が直角に曲がることはできません。

 

でも、線路を分岐し、そのあとちょっとづつカーブをしていけば、
電車の向きを90度変えることができます。

 

一見すると、ちょっとづづ曲がるやり方はもどかしいですが、
電車を安全に、確実に、効率的に動かすにはこれしかありません。

 

このことを後継者・後継社長は理解していただけると
経営の長期の方向性が重要で、そこに向かって
少しづづ向かっている方法が分かると思います。

 

それを毎年実行し、成果を出す。そこに注力してください。
そのなかで、マーケティングや現場の改善や業務効率化があります。
その具体的なサポートを事業承継コンサルティングでやってます。

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第111回】ポッドキャストが配信されました

【第111回】ポッドキャストが配信されました。

 

「後継社長になったら言葉の重さを知った(後継者時代とは大違い):日振工発株式会社 代表取締役 中田昌宏氏【解説編】 」

 

波瀾万丈の後継者時代から、ドン底の経営状態を回復させた中田社長。

それができたのは、老舗企業の3代目としての

・自らの後継社長としての覚悟

・社内の現状をくまなく洗い出す精密さ

・自らの言葉の重さをしった責任感

 

これらについて解説しています。

 

ぜひお聴きください。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「事業承継は線路の分岐のようなもの」①

蒸し暑い日が続いております。

 

皆様どうぞ、お体にご自愛ください。

 

先日、長谷川幸洋さんの講演をお聞きしました。
テレビタックルやそこまで言って委員会などの
コメンテイターとしてご活躍の方です。

 

いろいろ、政治経済にまつわる話をされて、
実名もポロリと話すなど、聴衆を飽きさせない内容でした。
(炎上するから実名の部分はSNSしないように、だそうです。(笑))

 

そこで、私が気になったフレーズは

 

「みなさん、総理大臣の資質で大切なものはなんでしょうか」

 

と、会場に向けて問いかけられました。
「カリスマ性」とか「ビジョン」とか
いろいろ意見がありましたが、

 

長谷川さん曰く
「毎年、できることをちょっとだけやって、実績を作ること」
でした。

 

「総理大臣は国民全体のリーダーである以上、成果(特に経済運営)を
求められますが、その成果はこれまでの延長線上で、少し改善した程度がよい。
あまりに斬新すぎると、周りがついてこれず、失敗するから。
だから、正論や理想論ばかりではダメなんです」と。

 

これを聞いて、私も事業承継と同じだと感じました。

 

続きは金曜日に。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「後継者が準備する事業承継の資金量」②

前回からの続きです。

 

中小企業はオーナー社長であり、

オーナー社長は株を50%超もっていなければ

なりません。

事業承継で現社長から後継社長に

社長という役割が渡されるともに

自社の株式を後継者が持たなければなりません。

 

後継者が自社の株式を得るためには

現経営者から贈与してもらうか、
買い取るかの2択です。

買い取るには、多大な資金がいりますし、

贈与したとしても、高い税率の贈与税を

支払わなければなりません。

 

この資金への準備の意識が後継者のどれぐらいあるでしょうか?

今すぐ計算してみると

かなりの金額がいります。

シンプルに言えば、貸借対照表の純資産部の
金額がいると考えれば、数千万円になる企業もあるでしょう。
(細かい計算で増減しますが、ここでは割愛します)

 

だから、株価を下げる対策が必要ですし、

株価も闇雲の下げるばいいのではなく、

下げるタイミングと、その次のアクションを

計画的にしなければなりません。

事業承継にかかる資金がどれぐらいか

一度計算してください。

そして、それに向けて資金を準備しましょう。

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第110回】ポッドキャストが配信されました

【第110回】ポッドキャストが配信されました。

 

「先代と対立し一度は会社を去るも、窮地となった会社に戻りV字回復できた理由とは:日振工発株式会社 代表取締役 中田昌宏氏 インタビュー【後編】 」

 

トップ営業として猛烈に働いていた中田社長は部下にも厳しく指導するも、その厳しさから社内から反発にあう。
さらには先代とも対立し、一度退社。
4年後会社は窮地に陥り、やむをえず会社に戻るものの、その日から営業数値の達成を求められた。
そんな厳しい状況から気合いで回復した。
しかし、社長就任後は厳しいばかりではなく、部下を動かす方法や新事業の仕組み化など、様々な活動で現在にいたる。
熱血漢の後継者にぜひお聞きいただきたい内容です。

 

ぜひお聴きください。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「後継者が準備する事業承継の資金量」①

いよいよ暑くなってきました。

夜でも、気温が下がらず、朝起きると

汗だくです。

クーラーをつけて寝ればいいのですが、

そうすると、朝の目覚めると体がだるくなり

余計につらいので、暑さに負けずに

窓を開けて寝ています。

何ごとも最後は体力ですので、

皆さんも暑い夏を頑張って乗り気ましょう。

 

さて、体力といえば

会社も体力勝負です。

会社の体力といえば、資金です。

手元に現金さえあれば、つぶれません。

日常の運転資金が足りていることが

まず第一段階です。

 

その次の段階として

事業承継で問題なるものが

後継者の株の買い取り資金です。

 

続きは金曜日に。

 

 

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「会社の経営資源を減らさないことがまず最低限の目標」②

前回からの続きです。

 

人材や取引先の減少はわかりやすいのですが、

資金が減少していることを実感できない

後継社長がいます。

 

売上が減ると気づくのですが、

資金繰りまで気が回らないのが

新米の後継社長です。

 

さらに言えば、

事業承継した時点で

積立金や有価証券・保険などの金融資産があります。

これを、そのままにしておくと、

減ってしまうので、

経済的な価値を保ちつつ、

増やすために何が必要かを

真剣に考える必要があります。

 

多くの企業では、もしもに備えて、定期預金をしています。

それは、保持しながらも、資金を増やす方法があります。

 

事業で経営して利益を出すのも、大切なお金ですが、

それ以外のお金を生む仕組みを作れることで、

リスクを分散することができます。

 

このあたりのバランスが重要です。

一度、会社のお金について真剣に考えてみませんか。

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第109回】ポッドキャストが配信されました

【第109回】ポッドキャストが配信されました。

 

「東京から仙台に戻り会社を継ぐ決意を固めた後継者が、その後に受けた苦難とは:日振工発株式会社 代表取締役 中田昌宏氏 インタビュー【前編】 」

 

実家の人手不足から急遽呼び戻された中田社長。
実家の会社に帰るには中途半端はできないと覚悟を決めます。
しかし、経営者一族の3代目として社内から色眼鏡で見られ、まともな指導やアドバイスはもらえません。
それが、自分で考えて行動する独自の営業スタイルにつながります。

思い切って行動したい後継者のヒントになる内容です。

 

ぜひお聴きください。

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動