アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

「新しいことにチャレンジするのが後継者・後継社長」②

前回からの続きです。

 

先日、新聞で
20代がネットで検索するのに
最もよく使いのは「インスタグラム」と
いう発表がありました。

 

私もここ2週間でいろいろ聞いて回ると
20代はインスタとツイッターを良く見ます。

 

インタネット検索サイトやフェイスブックなどは
見ないようです。
(ググるが死語のようです(笑))

 

では、もし20代の若手を採用したいなら、
インスタグラムに活用して、
自社をアピールするとどうなるでしょうか。

 

例えば、
会社の製品やサービスを紹介する
社内の仕事風景を載せる
社員さんの紹介をする(笑顔の写真で)
お客さんの感謝の声をのせる

 

などです。
これをしたら必ず若手がやってくるわけではありませんが、
御社がこれまでやってきたことと同じような
採用方法を繰り返しても
若手を採用できる可能性は低いです。

 

なぜなら、欲しい人材にあなたの会社のことが
伝わっていないからです。

 

相手に分かってもらってはじめて、
会社の存在に気付いてもらえるのです。
それが採用の第一歩です。

 

もし、今の採用状況に課題を感じられたら
このような新しい方法はいかがでしょうか。

 

その新しいことにチャレンジするのが
後継者・後継社長とも言えます。

 

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

 

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第125回】ポッドキャストが配信されました

【第125回】ポッドキャストが配信されました。

 

就職活動終盤で、事業承継を悩み、内定辞退し専門学校へ 「和菓子屋の息子が和菓子を知らないことは自分の個性がなくなる」:有限会社成田家 4代目 奥 大輔氏 インタビュー【前編】 」

 

歌舞伎役者市川團十郎が愛した最中を製造する老舗の成田家。
その4代目として家業を継ぐか継がないかを長く葛藤したすえに、和菓子屋の息子は一生ついて回ると和菓子の道へ。
その後、洋菓子製造会社に勤めた後に家業へもどると、あまりの常識の違いに、葛藤する。
多くの後継者が共感できる「苦しい後継者時代」について。

 

ぜひお聴きください。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「新しいことにチャレンジするのが後継者・後継社長」①

人財採用にお困りの方は多いと思います。

 

事業承継前後では後継者が中心となって
若手人財を採用しようとします。

 

経営者が若返る以上、
その経営者を支える中間管理職や
若手社員を積極的に採用することは
大切です。

 

その中で、新しい価値が生まれることで
今後10年を乗り切れる製品やサービスを生み出す
ノウハウが蓄積でいるためです。

 

しかし、
人財確保が大変難しい。
特に若い世代となると
より難しい。

 

このような相談を良く聞きます。

 

一般的な方法で大学生にアプローチする
方法がありますが、新卒以外では
なかなか有効な方法がないようです。

 

 

続きは金曜日に。

 

 

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「ファンを増やすことが安定経営に大切」②

前回からの続きです。

 

例えば、スターバックス。
基本的にコーヒーを販売し、商品としては○○マキアートなど
女性に人気商品もあります。そのうえで、最大の要因は
居心地の良さです。
それは店内装飾や内装、照明、立地、そしてスタッフの応対など
総合的なものです。

 

つまり、単にコーヒーを飲むなら、競合店で安く店もある。
商品については、どのお店の熾烈に新規商品を開発してます。

 

でも、スタバは居心地が最終的に選ばれています。
もちろん、コーヒーが美味しい、○○マキアートが美味しい
といった、商品のおいしさは当たり前で、それに居心地が
加えられてのブランディングです。

 

ですから、TABETEの活用を考えるなら、
「当店はフードロス削減に協力し、社会貢献しています」とか
「当店は食品を一つ一つ大切にしています」
というメッセージになります。

 

このメッセージがあなたのお店の特徴となり、
それに共感する顧客が増え、最終的にお店のファンになります。
このようなファンを増やすことが安定経営に大切です。

 

しかも、このTABBETEなら、HPから新しい顧客を呼び込むことも
可能としているので、ビジネス的にもプラス効果は十分にあります。

 

そんな、新しい挑戦を後継者とともに話しました。

 

お店のおいしさを追求することころは引き継ぎますが、
ブランディングや魅せ方は後継者なりの方法がよい時もあります。

 

さて、あなたの会社でこれまで事業をベースに、
さらに、付けくわえるブランディングとは何でしょうか

 

そんなことをいつも後継者さんと協力しています。

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第124回】ポッドキャストが配信されました

【第124回】ポッドキャストが配信されました。

 

「渋沢栄一の家訓に学ぶ、後継者・後継社長のための事業承継のポイント 」

 

新一万円札の肖像画として、注目が集まっている渋沢栄一さん。

日本資本主義の父と言われ、500以上の会社の経営に携わった凄腕の経営者であり、明治の偉人です。

その渋沢さんが、知識を磨けという言葉を残しています。

その真意を解説しています。

 

ぜひお聴きください。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「ファンを増やすことが安定経営に大切」①

皆さんは「TABETE」というフードロスを解消するための
WEBサービスをご存知でしょうか

 

最後まで食べ切る』を応援する、コークッキングの社会事業
「フードロス」削減のためのWebプラットフォーム
閉店間際など、まだおいしく食べられるのに廃棄の危機に面している食事を「食べ手」とつなぎ、
最後まで売り切ることを応援する、社会派の Web プラットフォームです。

【 TABETE 】フードロス削減をねらう国内初のフードシェアリングサービス

 

このTABETEの社長川越氏を
ある東京の飲食関係の後継社長に紹介されてから、
注目しています。

 

私もかつて飲食店を経営していたので、
食品の廃棄が、とても多く、
店舗から見ても、社会的に見ても問題でした。
これを解消するために、
まだ食べれるお店の商品を
少しやお得に販売し、
捨てる食品をレスキュー(救済)する消費者を
繋げています。

 

川越社長はご自身も飲食業が長く、
まだ食べれるものを捨てることに、つらい思いをしていました。

 

それを改善したいと立ち上げ、
現在では東京中心に掲載店舗を増やしています。

 

私がこのTABETEさんのセミナーに参加したのは
大阪の飲食店の後継者と一緒に行き、
これからの飲食業のブランディングの一助として
活用できないかと考えたためです。

 

廃棄物が多いほど、飲食店は飽和状態です。
競争も激しく、開業と廃業を繰り返す業界です。

 

そこで、何かの特徴を出すのですが、
料理としての特徴を出すのはもちろんのこと
それ以外の+αを打ち出して、
その店のブランディングとしなければなりません。

 

 

続きは金曜日に。

 

 

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「理想の社員像を明確にする」②

前回からの続きです。

 

ヒトは何歳からでも成長できます。
まじてやビジネスに必要な知識や技術などは
日進月歩ですから、
誰でも学ぼう、という成長意欲は必須でしょう。

 

後継者・後継社長は
その成長意欲を発揮できるように
学ぶ機会を提供し、
成長した最高の状態を社員に示さねばなりません。

 

そのうえで、その成長した最高の状態は
個人の意思や現在位置によって変わるので、
それぞれに個別対応しなければなりません。

 

その手順をしっかり踏んでいるかが
後継者が社員がモチベーションを高めるために
必要な基礎的なことです。

 

私もかつてそうだったのですが、
結果を早く求めたいので、
ついつい、社員が現実から少し離れているように感じる
ことを要望するときがあります。

 

その際には、
自分が育てるとして、
わが社の社員はここまでできるはずだ
という、信念をもって、
育てる覚悟がいります。

 

そのうえで、モチベーションが上がる
対応やほめ方が有効になります。

 

私のコンサルティングも鉄板の内容です。

 

セミナーで話しているので
興味がある方は
お越しください。

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

 

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

【第123回】ポッドキャストが配信されました

【第123回】ポッドキャストが配信されました。

 

「会社の数値は共有してこそ、こだわれる!経営を見える化した後継社長の決断とは:株式会社ハヤシテクノ 林 史章社長 インタビュー【後編その2】」

 

勘と経験のワンマン経営から、数値を元にした参加型経営へ。
後継社長が会社の数字を見える化したことで、社内が数値にこだわる会社になった。その方法とは。
さらに、前編の解説も最後にお話ししています。

 

ぜひお聴きください。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「理想の社員像を明確にする」①

先日、ある後継者から

「社員のモチベーションを上げるにはどうしたらいいのですか」
と、ご相談がありました。

 

話をお聞きしていると
20名ほどの社員がいるが、
モチベーションが低いとのこと。

 

指示された仕事はやるのですが、
それ以外のことは全然やらない。
新しいことにチャレンジもしない。
モチベーションが低いと考えていました。

 

モチベーションを上げるために
個性にあったほめ方や指示の仕方など
心理学を使ったスキルはあるのですが、
その前にやることがあります。

 

まず最初にすべきことは
後継者さんが考えている
「理想の社員像」を明確にすることです。

 

なぜから、後継者と社員の意識にズレが
あるために、社員が動かないんです。

 

ですから、この理想の社員像は
大きな夢ではなく、現実的に自社の
社員が成長した、最高の状態です。

 

続きは金曜日に。

 

 

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

「お金の本質」②

前回からの続きです。

 

営業や製造の現場を知ることは
大切ですが、経営者となる以上
資金繰りの最終責任者として
資金の流れについて知っていることは
必要な知識であり経験です。

 

次に、資金繰りの経験はあっても
おカネに実感がない場合は
あえて、実感しないようにしています。
いいかえると、おカネに対して
正しく見れていないと言えます。

 

おカネはあくまでも収入や支払いの
道具でしかありません。
その道具にいろいろな意味づけをしているので、
そのお金の本質を分かろうとしないのです。

 

実は後継者にはこのように
おカネの本質をあえて避けようとするタイプがいます。

 

これは、経営者の子供として
様々なお金のトラブルを目のあたりにしているので、
おカネに関するマイナスイメージを
自分で見ないようにしていると考えられます。

 

おカネは単なる道具。
そして、おカネに何かの意味づけを
している自分を改善することが大切です。

 

それを改善することが会社の長期的な発展につながります

 

皆さんはどんな意味づけをしているでしょうか

 

私のコンサルティングでは
そのお金の本質も教えています。

 

では良い週末をお過ごしください。

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動