アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

「株式は次の後継社長に100%集中させる」①

事業承継の相談を受けて、

 

大変な会社のパターンとして、

 

会社の株式が分散している場合があります。

 

株式が分散していると

 

社長に権限が集中せずに、中小企業の良さである、

 

オーナー社長による思い切った決断ができません。

 

そうなると、会社がうまく運営できなくなります。
ある中小企業で

 

年間に数千万円の経常黒字をだす優良企業ですが、

 

その株式を兄7対弟3で持っています。

 

この会社はこの兄弟自体も2代目で、
次が3代目に事業承継する際に、相談にきました。

 

兄は社長ですが、弟はサラリーマンで会社の経営に
関与していません。

 

私は社長に弟から株を買い取るように依頼しましたが、

 

長年、不仲で話しすらしていないので、難しいと

 

躊躇されます。
自分が7割の持ち株で経営できているので、
息子(3代目)もなんとかできると思っています。

 

もちろん、何とかできます。
しかし、会社を引き継ぐ以上は不安要素を
少しでも減らして受け継ぎたいものです。

 

この弟さんの株式を買い取りを
息子(3代目)がすることはもっと難しい。

 

今の社長が取り組むべき仕事です。

 

 

続きは金曜日に。

 

 

 

 

btn_merumaga_on

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!