アシスト2代目 ブログ 中小企業診断士 高橋秀仁のアシスト2代目ブログ

記事一覧

後継者候補を競わせてはダメ

前回の続きで。

事業承継の勉強会で
創業社長A氏が事業承継に失敗するものの、
M&Aで会社を売却した時のお話。

息子さんに事業承継を断念し、
次に従業員承継を目指して、
後継者候補に期待したが
結局、どの候補者も引き受けなかった。

なぜか、
複数の後継者候補を競わせたため、
何ができたら社長として合格なのかが
候補者に伝わらず、辞めてしまった。

具体的には
新規プロジェクトを任せたが、
大きな予算を与えることができず、
社長が口を出しすぎたために
成果はあまり出ずに、
後継者候補の評価も上がらなかったためでした。

これらはA氏が
自分の事業承継への覚悟が足らず
従業員承継で失敗したと
お話いただけたことです。

私も従業員承継で、
「X部長とY課長のどっちがいいですか」
と、意見を求められる時があります。

そこで、私がお伝えすることは
「経営者にとって最も大切な仕事は
経営理念の実践です。
これに邁進できる方がよいでしょう」
とお答えします。

後継者候補と本人に伝える前に
上記の視点で社長本人が考えることが
重要です。

続きは次回の配信でお伝えします。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

後継者・後継社長の事業「勝」継マガジン

前回の続きです。

多くの後継者が息子さんと同様に答えるでしょう
なぜなら、
経営者という仕事への理解も低く、
父親のように成功しなければならないとプレッシャーを
まともに受けることを考えれば、誰でも不安になります。

そもそも、自分で始めた事業でないため、
創業者と比較して、熱量が低いのも当然です。

創業者と比較する時点で
事業承継のアプローチとしては
上手くいきません。

私はいつも言うのは
自分の一生をかけて、何十年も経営してきたベテランと
社長をやったこともない、ルーキー後継者を比較しても
その差が明確になるだけで、不安しかありません。

成功している後継社長の多くは、
最初から自社の事業に熱い情熱を持っているわけではなく、
社長となってから、様々な経験をすることで、
「経営」という仕事が好きになります。

人生で最も価値のあることのひとつに
「自分に決定権を持っている事柄の多さ」が
あげられます。

中小企業の経営者はまさに、
決定権を多くもっており、
さらに、経営を実現できる喜びを知ります。

これが、事業が好きよりも
後継社長を経営者として育てる
「やる気」の源泉です。

だから、後継者が40歳を過ぎれば、
社長をやらせてみて、
その仕事の魅力を宇経営者が伝えることが
最大の事業承継への準備となります。

読者の皆さんでも
事業承継の渡す型の方もいると思います。

後継者にやる気や成果を強く求めることよりも、
やらせみて、その仕事内容を肌で感じさえることを
やらせてみてください。

その次に大切なポイントは次回に書きます。
では、また。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

後継者・後継社長の事業「勝」継マガジン

先日、自社株対策の勉強会でのこと。

担当スピーカーは創業社長で、
事業承継に失敗するものの
M&Aで会社を売却したA氏でした。

息子さんに事業承継をしようとして断念した。

なぜか、
「自分と同じように情熱がなければ、継がすことはできない」
と、考え、
息子に聞いたところ、
「会社を引き継いでもいいけど、できるだろうか」
との返事でした。

A氏は会社の仕事というのは、
できる、できないではなく、
やるしかない!
と思っていたたため、
息子の現在の状態で無理に継がせても
お互い不幸になると考えて、
息子への社長交代を諦めました。

一般的な経営者が聞けば
そのとおりと思うでしょう。

でも私の意見は少し異なります。

続きは次回の配信でお伝えします。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

補助金助成金

前回の続きです。

良くあるのは
DXを進めるためにIT関連の補助金を採択され、
社内には「国や県に認められた」として社内改善を実行します。

これを後継者・後継社長がやることで社内の実績になったり、
より改善できた仕組みで成果が出たりと
プラス面が大きいです。

とはいえ、
補助金助成金の情報は約3000種類と
非常に多く、自分だけでは難しいでしょう。

ですから、専門家からの情報も収集しましょう。

補助金を上手に活用して
後継社長らしい経営の実現に向けて頑張って行きましょう。

では、また来週に会いましょう。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

補助金助成金

物価高支援で様々な補助金助成金が
あることはご存じかと思います。

国だけではなく県や市での、独自の補助金もありますが、
情報をチェックしているでしょうか。

例えば
私の地元の西宮市では
経営のデジタル支援に関する補助金が募集中です。

県や市の補助金助成金は告知が十分ではなく、
知らない経営者も多いです。

申し込んだ補助金に応募企業が少なくて
採択率が高い場合もあります。

常にチェックですね。

ただ、そうは分かっていても
忘れてしまうことも多いでしょう。

ひとつの方策として経営計画に盛り込みましょう。
年間○○万円の補助金を得て○×事業をする。

と決めておくことで、
経営活動として、後継者・後継社長が
取り組むことができます。

この補助金助成金を活用して
多くの後継者・後継社長が経営改善を行っています。

続きは次回の配信でお伝えします。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

後継社長は「いいとこ取り」はできない。

前回の続きです。

会社を経営するという経験ができる人は
全体の数%です。

しかも、中小企業で全責任を背負って
自分らしい経営を実現できるのはさらに少数です。

私の顧問先やポッドキャストのインタビューでも
多くの後継社長が「会社を経営する」ことの
充実感を話されています。

そのためには、
自分の人生や会社を全て受け入れることです。
事業承継する会社は歴史があって
プラス面もマイナス面もあります。

プラス面は会社の信用や人脈、
人材やノウハウが社内にあります。

マイナス面は借入金を大きかったり、
しがらみや謎のルールなどがあります。

そのマイナス面を嘆くよりもそれを受け入れて、
反発するのではなく、
それをどのように現在風にアップデートするか。

そして、
その根底にある考えや想いは
変えてはならないこ理念や社風として自覚できるのか。

いわゆる会社を引き継ぐ「覚悟」を決めることが重要です。

ある意味、逃げない!
自分で道を切り開く!
これは創業者でも後継社長でも経営する者として
必須のことです。

皆さんも
「いいとこ取り」
してませんか。

良いところも悪いところも引き受けると決めると
次の道が開けます。

では、また

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

後継社長は「いいとこ取り」はできない。

後継者・後継社長の勉強会で
講師役のA氏が

後継社長の経営は
「いいとこ取り」はできない
と、言われました。

後継者・後継社長を
外から見れば、
社長の息子でお金もあって、
苦労のないように思われます。

実際は、
会社の経営に苦労して、
借金の返済に悩んだり、
社内外からのプレッシャーで
ストレスの多い人生でもあります。

しかし、
問題ばかりではありません。

続きは次回の配信でお伝えします。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

○○の息子と言われたくない

前回の続きです。

会社の歴史があると言うことは
創業した経営者には絶対に得られない経営資源です。
もちろんマイナス面もありますが
歴史があることは重要です。
・これまでの会社の歴史を知る
・先代を経営者として敬意を払う
・会社の理念や社風を大切にする

実際、スピーチした会員も
先代を経営者として親として尊敬できるようになってから

会社が好転しました。

後継者経営に最も必要な
メンタルの問題を解決できたためです。

後継者・後継社長は自分が「○○の息子」といわれ、
素直に受け入れられているかセルフチェックしてください。

もし、
少しでも反発を感じたら改善してくださいね。
それは同じ境遇の仲間からしか得られないものです。

では、また来週に

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

○○の息子と言われたくない

(一社)次世代経営協会例会では会員が
「自社の歴史と今後の目指す経営」について
スピーチをします。

その際に
「○○の息子と言われるのが嫌で反発した」
と話されたことに多くのメンバーが共感しました。

後継者が最も嫌なフレーズです。
特に20~30代であれば明らかに反発するでしょう。
私もかつてそうだったのでよく分かります。

分かりやすく態度や言動に出す人もいますが、
表面上は平静を装っても腹のなかで反発する人もいます。

やはり親子ならではの感情が問題となるのは
事業承継でよくあることです。

このメンタルな問題を解決しなければ、
後継者・後継社長は成功しません。
事業承継で一番最初に解決するメンタルの問題です。
会社を引き継ぐということは
先代の経営を引き継ぐことであり、
会社のなかに浸透している先代の考えや理念を
引き継がなければなりません。

それを反発したり変えてしまうと

法人という組織が崩れ、人の心が離れ
事業承継は失敗します。

続きは次回の配信でお伝えします。

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

記事一覧

事業承継セミナーで何を話すのか

事業承継セミナーで何を話すのがよいか
多くの講師が考えていることです。

最も多いのは税金や自社株対策です。

経営者も興味のあるテーマなので
参加者も多いと思います。

ただ、この分野は法律や制度など
多くの知識も必要なのでよほど経験がないと話せません。

税理士や司法書士の先生でも
資産税に詳しいとか自社株対策のベテランとか
同じ資格でも誰でもできるわけではありません。

しかし、事業承継コーチの皆さんは
事業承継セミナーなど様々に行っています。

なぜなら、
我々の事業承継コーチは
相続や自社株対策ではなく、
事業承継の全体像を話します。

そのことで他社と差別化でき顧客からも喜ばれています。

具体的には
「事業承継の7つのテーマ」です。

この7つを順番に対策していくことで
業種業界規模に関係なく
現社長から後継社長に引き継ぎ、会社が成長できます。

一見すると簡単で、
社長の引き継ぎなど当たり前のようですが、
事業承継で失敗している企業も多いことを
皆さんはご存じだと思います。

大塚家具さんが有名ですが、
後継者が問題を起こしている企業も多いですね。

こう見ると、
「後継者がボンクラだ」
となるのですが、
実は問題を起こす根っこは本人の資質ではありません。

後継者の育て方や社長の引き継ぎ方を
経営者に教える専門家が少ないためです。

チームスポーツの
リーダー(監督など)を引き継ぐのに
専用の学びが必要です。

リーダーシップ論や組織論です。

これらを教える先生に皆さんがなれたら
どうなるでしょうか。

必ず多くの経営者と中小企業を支え、
多くの人の力になるでしょう。

 

現社長様、後継者様、私にお任せください!「事業承継」ならアシスト2代目までご相談ください!!お問い合わせはこちら!

ページ移動

sp